Nadja の日記
2016-01-11 12:21:52  宗教の要不要論

宗教なんて必要なのか。宗教なんて霊感商法で金儲けしたり、人を狂気に走らせたりする悪害でしかないんじゃないか。そんな話は良く語られるところだと思うが、本当に宗教は人間にとって不要なんだろうかと考えてみる。

まず、宗教というのはどういうものかというと、端的にいえば、人間より凄い存在、人間を超えた存在、要は何か神様を仕立てて、人間がその神様に救済を求める思想ということになるかなと。その神様の教えを信じて従っていれば救われるし、背けば罰せられるという考え方が基本になっていると思う。これは、キリスト教なら神の伝道者たるイエス、イスラム教ならアラーを崇める預言者ムハンマド、仏教は開祖であるお釈迦様が、それぞれの神的位置(神を伝導する存在)に君臨しているだろうか。日本古来からある神道の考え方も、あらゆるものに宿る神様に対して敬意を払うことが美徳とされている。

しかし、近年はそんな超越的な存在は現在の科学文明の世の中で疑わしいということになってきている。そんな神様を信じたところで、いくら頑張っても報われないし、死ぬときは死ぬし、人は単なる生き物の一種であり死んだらそれまで、天国に行くとか地獄に行くとか眉唾話信じるなんてバカじゃないのって評価に変わってきていると。

でも、人間も底抜けのバカではないなら、実はもともと本心ではそんなこと分かってたんじゃないかな。それでも、何も救いのない現実世界において、何か救われる道というか、希望を残しておきたい、つまり、信じたいという思いによって宗教は成立しているんじゃないかと思う。

宗教などいらない、となったとき、では人は何を道徳の基準にするのだろうかとなってくる。つまり、善悪の判断、何をするのが良いことで、何をやっちゃいけないのか、ということは誰が決めるのか。そんなものは人間が自分自身で決めれば良いと思えるが、そうなると個々の判断で何をやっても良いということにもなりなねない。何が善行で何が悪行かの判断は、同じ人間である自分、或いは他人がするのではなく、人間ではない存在、人間よりもっと上の存在に決めてもらうと納得しやすい。

要は、善悪を決める者が人間であってはならないと。それは宗教によってある程度決められ、こういうことをすれば良い、こういうことをしたらダメ、良いことをするとご褒美があるし、悪いことをすると罰が当たるとなっていれば、人はそれに身を委ね従うのが楽だし、みんなもそれを行動規範にしているなら、それをコミュニティのルールとして都合よく利用していけるということなんだろうと。

宗教は、ときに人が重大な心のダメージを負ったときの緩衝材にもなる。例えば肉親や友人など身近な人を亡くした際、人は甚大な悲痛と喪失感に打ち拉がれる。そんなとき、人は死んでも天国に行くとか、その魂は残された人を見守る存在になるとか、死後にも何らかの世界に存在し続けると教えれば、残された人たちの心は幾分か救われる。葬式をしたり、死者を墓に納めて定期的に拝んだりするなどの行為は、死者のためではなく実際は生きている人たちが自らの心を救う行為だろう。だから宗教的な儀式というのは、とにかくその形式が重んじられる。

一方で、宗教で神様の存在を決めているのは、結局人間である。その教えも、開祖が説いた教えそのままではなく、いくつか都合の良い解釈に変更されて存在しているのが一般的である。結局、本当は自分はこう考えたい、こう行動したいのだけど、それが神様に禁止されているとなると都合が悪いから、聖典に書かれているこの文面はこういう意味なんだと見なして(解釈して)都合よく正当化する。神様は実はこう言いたいのだとして、人間の意向を神様の意向に転化していると。これによって、もともと単一の宗教だったものが多くの宗派に分かれて存在するようになる。キリスト教も大きくカトリックとプロテスタントに割れているし、それらの中にもさらに細かい分派が存在する。これはイスラム教や仏教も同様である。

そもそも異なる宗教同士では、信じている神様が違う、つまり、道徳が違うということになるので、それぞれの正義が衝突することもままある。また、同じ宗教であってもことなる宗派同士では、お前らの解釈は邪道だとか、いやお前らの方が間違ってるなどという小競り合いも生じてくる。そういうバックグラウンドがあった上で、異なる宗教、異なる宗派の人間からケンカを売られたら、宗教という建前を持ち出して報復をしかけるというパターンの紛争、戦争も歴史的に常態化してたりする。報復が次の報復を呼び、報復の無限ループ状態に陥ってる地域も多い。それは、建前は宗教だけど、実は個人的な恨み、妬みの発露である場合がほとんどだと思う。

要は、宗教が悪害だというのは筋違いで、実際は人間のエゴを宗教のせいにしているだけじゃないのって話。神様の教えだから、或いは神様の意向に反するものだからという理由で、あらゆる残虐な行為に及ぶ原理主義といわれる人たちは、神様にその責任をなすりつけて結局自分のやりたいことをやっているだけなんだろうと。まぁ、それも宗教の一要素ではあるので、一概に宗教は無害であるともいえないとは思うのだけどね。
 



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2016-01-04 05:05:10  日本が平和な理由

日本は世界にも類を見ないほど平和で安全な国である。特に戦後は表立って他国から侵略されることもなく、国内で何か大きな紛争が起こることもなく、近年のテロリズムの標的にもなりにくい。しかし、日本の治安維持能力、防衛能力、つまり軍事力は客観的に見てそれほど高くはない。兵器の調達だけみれば、確かに先進国とされる国々に引けを取らないものかもしれないが、兵力、及びその練度という観点で見れば、第二次大戦以降PKO以外の実戦経験がない自衛隊はお世辞にも実力が高いとはいえないと思う。にもかかわらず、日本は第二次大戦以降、ほぼ戦火というものと無縁な状態である。

これは不思議な話なようだが、そもそも戦争や内紛、テロというのはどういった国で起こるのか、というところを考えるなら、日本がそうした事態に見舞われないのは自然な成り行きなんだろうと感じられる。

まず、戦争、つまり、異なる国同士の争いというのはなぜ起こるかというと、2国以上の間で互いに利害が衝突した際に発生する、いわゆる自衛戦争、もしくは、他国の領土や利益などを一方的に奪う、いわゆる侵略戦争という、この2種類になると思う。ただ、その本質がどんなものであれ建前としては大抵の国は前者を主張するのであろうが。

日本にそういった要因があるかというと、実はそれほどない。いわゆる特定アジアとされる諸国との領土問題はありつつも、これは戦争にまで発展するほど大きな問題ではない。もちろん、領土問題というのは防衛に手を抜いていると付け込まれるものだから、お互いに譲れない国境を死守する防衛線を張る必要はある。このあたりは駆け引きであり、力のバランスを取って安定させるというものになる。言い方は悪いが、国境で小突きあってる程度のことは日常的なことで、それは戦争とはいえない。

日本が他国から攻撃される対象になり得るかと考えると、日本の領土に戦争してまで奪うべき魅力的な資源があるかというとそれほどでもないし、海洋資源もあるもののそれを得るには高い技術力とコストが必要になるし、あるといえば、中国が世界の覇権を狙うのに日本がとても邪魔な位置にあるというあたりが戦争勃発の最大の要因といえるだろうか。逆に日本が他国に打って出る理由は今のところ皆無なので、日本が主体的に戦争を始めることはまずない。

内紛はどうだろうか。これは内紛、国内紛争というものがどういうものであるかという定義にもよるが、国内の異なる勢力、多くの場合、宗教や思想の異なる民族同士がお互いの主張を押し通そうとして衝突するものだとするなら、まず日本人はほぼ単一民族である上に、宗教や思想への執着が薄い日本人同士の間でそうした争いが発生する火種はほとんどないといえる。

テロリズムはどうか。まずテロが発生するのはどういった国かというと、テロリストの攻撃対象となる何かがその国内にあることが条件だろう。では、テロリストは何を狙うかというと、自らの利益を妨害する何かを物理的に攻撃して押し通すということになるだろうか。テロが頻発している中東諸国などを見ると、その細かい理由は複雑で多岐に渡ると思うが、端的に言えば異なる思想や宗教を持つ民族同士の縄張り争いという面が大きい気がする。それに次ぐ理由は、かつての植民地政策や政治介入によって国内が攪乱されたことに対する現地諸国から西側諸国への復讐といったあたりか。その観点でも、日本国内は縄張り争いするような強い宗教や思想もないし、過去の列強のような植民地政策は行っていない。大東亜共栄圏の名の下に東アジアや東南アジアを委任統治したことはあるが、それ以前にそれらの領地はもともと列強や中国の植民地だった地域である。むしろ日本はそれらの植民地を現地人による統治に転換させたといえる。

つまり、日本は(中国以外の国にとって)魅力の薄い地理にあるし、特に大きな問題行動もしていないのでテロの標的にもなりにくい国であるといえると思う。ここまでは、日本が平和な理由としてわりと考えつくあたりか。

最近、上記に加えて感じているのは、戦争や国内紛争、及びテロが起こるのは、それほど強い信念を持つ民族が立ち上がることによるところが大きいという点で、その意味で今の日本人は我を通すより他人に譲る、言い方を変えれば人目を気にする性格であること、事を荒立てるというのを好まない民族性に依っているのではないかということ。特に戦後はGHQにより徹底して日本文化が否定され、変わって米国文化が大量に導入されてきている。そもそも明治時代以降、日本では西欧の文化が浸透しつつあったので米国文化が吸収されやすい素地はもともとあったわけだが、客観的に見て、今の日本国内の文化はほぼ米国のコピーのような状態といえるのではないか。

何が言いたいかというと、日本は独立国でありながら、事実上は米国の属国のような状態だといえるのではないかということ。あえて言わずともわりと指摘されることではあるけど、実際、日本の領土には今も米軍基地が点在し、領土や領空の一部は日本の国土でありながら米軍の管理下に置かれていたりする。日本は国防の一部を米軍に任せているともいえるが、見方を変えれば国土を米軍に委ねているともいえる。要は、日本は実質米国であり、現時点で世界の覇権を握っているのは米国なので、その米国の領土には安易に手を出せないという話かもしれない。そうみると、チベットやウイグルを一方的に自国領土に編入した中国でも(彼の国が日本を小国と評価しながらも)日本には簡単に手を出せない理由もそういうことだろうと。

テロが頻発する国、戦争や内紛がよく起こる国というのは、少なくともそれを起こす主体となる人達の信念が非常に強い。逆に信念が強くないとテロや戦争など起こそうという気にもならない。例えば、米国が自国の政治に介入するのを嫌ったりするのだろうけど、日本人はそういうことにわりと鈍感というか柔軟というか、受け入れてしまっている。極端な話、実質は属国だろうが占領だろうが、名目上国家として認められ(天皇がその象徴なんだね)、その上で日々を平和に過ごすことができるのであれば、それで十分満足しちゃってるのが日本という国であり、日本人なのかなと。

もっと複雑な話はあることは分かる。都合の良い国境線が引かれ、資源だけ西欧諸国に搾取され、経済的にも余裕のない国で暴動が起こる理由というのは推して知るべしだとは思うけどね。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2015-10-25 12:03:42  あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!(仕事の話)

今、私はとある業務システムのリプレース案件に関わっていて、主にそのシステムの技術的な枠組み(フレームワーク)部分の設計、製造を担当している。何のシステムかという話はまだ機密情報やインサイダー情報になるので詳しくは言えないのだけど、とにかく、そのプロジェクトの切り回し方があり得ないので、それをここに書きとどめておくものである。

私は18年ほど、システム開発というものを生業としてやってきた。が、今回ほど酷いプロジェクトは経験がない。何が酷いかというと、その全てを書いていくとキリがないくらい多いので、主な問題をここにあげるとするなら、

1.PM(プロジェクトマネージャ)、PL(プロジェクトリーダー)が不在
2.リプレースの元となるシステムが腐っている
3.一部開発をオフショアに出すのだけど、何を出すのかが明確でない
4.重要物件の変更の周知がされない上、変更履歴も管理されていない
5.本来シリアルで進めるべき開発がパラレルで進められている

まず1。一応、名目上のPM、PLはいるのです。いるのだけど、全然旗振りができてない。スケジュール管理はPMOまかせ、問題が起こっても起こりっぱなしで解決を図ろうとしていない、お客さんの要求を全部のんでくる、現場から無理だといってもお客さん最強の法則で聞いてもらえない。まずもって当事者意識がない。開発は開発チームの仕事であって、自分は知らんよ、できたっていう報告だけ聞くよっていうスタンス。開発チームも国内、オフショア、データ構築、データ移行などいくつかあるのだけど、その各チームのリーダーも、統括がそうだから横の連携が全くできていない。なので、国内開発とオフショア開発の担当が衝突するなんてことが頻繁に発生する。

次に2。リプレースというのは、古いシステムを新しいシステムに置き換えるというものなのだけど、その古いシステムが、ドキュメントからソースコードからとにかく理解を超えた管理になってる。まず、現行システムの基本設計書は一応存在する。存在するのだけど、古過ぎて現状を反映できていない。つまり、作りっぱなしでメンテが全くされていない。そのプログラム構成やデータ構成などが書かれているはずの詳細設計書に至っては存在しない。現状そのシステムやプログラムの中身がどのようなものなのかは、現行運用の担当者が知っていれば知っている、という程度。その担当者もリリースや小さな変更を行うのに必要な知識しか持っておらず、中身がどうなっているのかはほぼブラックボックスという状態。それをこれから直せというのである。しかも短期間で。

中身を見ると、これまた酷い。よくこれで動いてるなというほどプログラムのミスが多く、中にはバグっているために結果的に上手く動作しているなんてところもあった。それも1か所や2か所ではない。例えば、DBから一覧を取ってその件数を判断しているコードがあるのだけど、SQLはリストを返しているのに、コード側はそれを数値にキャストしてる。それでなぜエラーにならないのかは不思議だけど(DAOの型ハンドラが無理やり解釈してるのだと思われる)、結果は必ず1件扱いになり、判定としては常にTrueとなり、そのまま後続処理が動作して結果オーライになっているのである。これ、正しい動作に修正したらどうなるのだろう?そんな心配をしながら修正をかけていくという何とも理不尽な状態なのである。

3。この開発は主に国内とオフショア(海外)の2手で開発を進めているのだけど、その担当振り分けがどうも曖昧。とにかく単純作業、人海戦術でできる修正はオフに回す、という方針だけあって、具体的な機能やモジュール、サブシステムなどの単位で切り分けられていない。なので、国内で修正しているソースコードがオフ側の修正で上書きされたり、その逆もあったりといったことが頻繁に発生し、そのマージ作業に余計な工数がかかるという状況。今はこれがSVN上で起こっていて、コミット時のコンフリクトという形で発覚するのでまだ良いのだけど、少し前はSVNを使わず、お互い全く並行開発して最後にマージしようなどといわれていたのだから恐ろしい。ここは絶対問題になるからと、私を含む技術チームが猛反対してSVN管理に落ち着かせたという経緯もある。それでも、担当が明確じゃない中ではこうした問題は発生する。もう今は半分あきらめモードで、これはこういうものだという認識で日々マージしている状況である。

4。これは仕様やそれを記載したドキュメント、あるいは影響範囲の広いモジュールのソースコードの変更など、各個、各チームで勝手に修正され、その周知がされない。PM、PLが機能してない状況でこれもむべなるかなという感じなのだけど、周知が面倒なら(いや、本当は周知すべきなんだけどね)せめて変更履歴は残して欲しい。いつ、どこが、どう変わったかという情報が全く残っていないのだ。いつの間にかそう決まって、仕様やドキュメントが変わっている。いや、変わっているならまだマシか。その変更を知っているのは担当者、担当チームだけという状況も日常的だったりするから非常に困る。

この影響が著しいのがデータベース。そのテーブル構造や物理名、論理名、キー、制約などが変わったら、それは当然コードにも跳ねる。カラム名なんて変わった日にゃ、DAOからサービスから下手したらコントローラやビューまで影響するのに、その変更が周知されない、どう変わったかのドキュメントもない、いつ変わったかの履歴もないのである。そもそも、テーブル構成なんて、ソースコードの製造が始まる段階ではFIXしていなければならないものである。それが、製造真っ只中、もうすぐ結合テストも始まるという時期に、まだフラフラと変わってたりすることも異常なのだ。その上、変更履歴もないなど、開発担当者はふつうにキレるだろう。せめて設計書やDDLをSVNなどで管理してくれていれば良いのだけど、最新(かどうかあやしいものだけど)がファイルサーバに置いてあるだけという。

5。この最たるものが前述のDBとソースの同時開発である。というか、基本仕様すらいまだに変わる。そのためなのか、DBのテーブルにカラムが増えたり減ったり、カラム名や制約が変わったりしている。本来そんな状況でプログラムなんてできない。カラム名なんて変わったら、DAOが修正され、そのアクセッサーの名前が変わり、それを使ってるコードは昨日通したはずのユニットテストが、今日はNGになったりするのである。というかコンパイルエラーである。ないでしょ。これが日常とか泣くでしょ。

な… 何を言っているのかわからねーと思うが、おれも 何をされたのかわからなかった…

まさにそんな状況。リアルにジャンの気持ちを味わってる感じである。



コメントする ( 現在のコメント1件 )
2015-07-28 22:50:12  日本に適正な政治を

日本国民は基本的に一定以上の生活水準に達したら現状維持を求める。
他国を駆逐しようという気も無いし、同様に国防意識も低い。
ただし、生活水準低下の際は、その責任と解決を政治に求める。
しかし、政治の決定に満足することは決して無い。
何かの決定をすれば、それは必ず誰かを贔屓することになり、誰かに不利が生ずるから。
とにかく、人が人の平等を崩すことを嫌う。
つまり、政治家が人である限り、国民は政治に不平を言い続けることになる。

以上のことより、日本の政治は機械によるべきであると提案する。

機械、つまり、コンピュータでもロボットとでも呼べば良いものだが
そうした機械による決定は常に数値的、合理的、無作為、故に平等である。
そこに、贔屓、恣意、誰かに偏った利害、利権などの概念はない。

機械による決定は無慈悲だが、的確である。
その決定には、常に納得できる科学的な根拠と理由があるから。
(むしろ、そうした根拠がなければ機械は決定を下せない)

国民の生命維持を全ての判断の最優先に設定した場合
経済の判断、国防の判断は常に最大限の国民に恩恵があるベクトルで下される。

そんなシステムを、私に1000万投資すれば、喜んでつくるよといいたいのです。
つまり、私に金くれ。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2015-01-09 01:44:33  正しいこと

万人にとって“正しい”ことなどないと思う。でも人は生まれたときから正しい方向に進まなければならない義務を背負っている。その道を進むことは他の誰かにとっては正しくないことかもしれないのだけど、その道を選択している以上、それを正しいと思い込むしかないというのが現実。

ときに、それは正しくないんだよと諭され、行くべき道の再選択を迫られることもある。しかし、人生の初期段階で一度いずれかの道を選択してしまったら、その道以外に逸れることはかなりのエネルギーを要する。途中で少し別の道を歩み始めても、大抵の場合最初の道に戻ってしまう。つまり、人生は自由なようでいて、実のところその選択幅は狭い範囲に限定されている。その範囲が、人が正しいと考える範囲なのだろうと思う。



コメントする ( 現在のコメント0件 )