Nadja の日記
2012-03-20 11:12:36  1089

さっきディスカバリー見てたら面白い数遊びやってたのでメモ。

何でもいいので3桁の数字を書いてください。
その数字の最初と最後は異なる数字にしてください。
例)123
 
書いた数字を逆順に書いてください。
例)321
 
その数字の大きな方から小さな方をひいてください。
例)321-123=198
 
その数字をまた逆順に書いてください。
例)891
 
その2つの数字を足してください。
例)198+891=?
 
その計算結果を僕は予言してました!
 
…といって、徐にふところなどから
1089”と書かれた紙でも出せば
「おおー!」となること受け合い。
 
実は上の手順でやると、必ず結果は1089になります。
 
なぜそうなるかという理由もあるんですが、
とりあえずこの手順だけでも覚えておくと
何かのネタにはなるかなと。
 
例えば、これから春に向けて新人歓迎会なんかで
一発芸とか無茶振りされそうな予感がするときは、
ポケットに1089と書いた何かを忍ばせておくと良いでしょう。


コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-03-19 21:30:25  √4は?

学生時代、カラオケ屋でバイトをしていたことがあるのだけど、
そこに女子高生の集団が来たときのこと。

その女子高生のひとりが同僚店員Nさんに

「写真撮ってくださーい」

と使いきりカメラを渡して、集合写真を撮るというよくある流れに。

そのNさん、わりと変わった性格した人だったのだけど、
今回も何かやらかすかなーと思いながら観てたら

「はーい、集まってー!」

と続いて出た言葉が

√4はー?

私は内心「は?」と思ったけど、その女子高生たちは即座に

にーっ!

といってパシャリ。

あ、なーるほど!スゲー!それを思いつくNさんもスゲーし、
その女子高生たちの反応もスゲー!と思った。感動した。

今にして思えば、あれは現役高校生だから即答できたんだろうなぁと思った。
Nさんはそこまで読んであのネタを振ったのだろうか。

よく考えたら、JKって高校生なんですね。当たり前だけど、改めて。

 

そんなことを思い出した。

 



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-03-18 12:33:28  こんなに我慢してるのに…

こんなに気を遣ってるのに、こんなに頑張ってるのに、って相手に何かしらの努力を求める人がいるのだけど、我慢したり、気遣ったり、頑張ったりしてるのは、あなたが勝手にそうしてるだけでしょ?っていう論理があって、別に相手に努力義務はないといわれれば、まぁそりゃその通り。

だから、我慢したり、気遣ったり、頑張ったりした結果というか見返りがほとんどない、期待できない場合は、そもそもそれをする必要などない!と思ってしまえば良いこともある。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-03-17 11:48:25  無駄は必要

駅で電車待ちしながら成田エクスプレス(N'EX)が通過するのを見ていつも思ってたんだけど、LEDの行き先表示がカッコイイ。

こういう一見無駄なことに凝ることは悪いことではないと思う。むしろ、もっとこういうところに力を入れても良い。 

ツイッターの名言botかなんかで知ったナルホドな言葉があったので引用しておきます。

文化とは、「どれだけ無駄なものにお金を投下できるか」です。 私は街のタイルの写真を撮って歩くのが趣味ですが、文化度の低い国には、タイルはありません。 西洋圏、とくに歴史のある国には、凝りに凝ったデザイン、材質のタイルが敷き詰められています。 街自体が作品としてのデザイン性を帯びているのです。 フランスでは、社会化見学でかならず美術館に行きます。美術に投下する予算もあります。 美術や芸術などは、なくては生きていけないものではないです。 いや、「そんなものはなくても生きていける」という、いまの日本の風潮そのものが、いまの日本の文化であり、フランスやイタリアの人たちは、「なくては生きていけない」とすら思っている節があります。 信じられないでしょう? でもそうなんです。

自国を振り返ってもおなじことなのです。 大学ひとつとっても、文学部という「無駄」はいま削減傾向です。 文学は、生きていくのに全く必要ないからです。 しかし、かねてから力説しているように、「文学部が充実している大学こそいい大学」なのです。 これは間違いないんです。無駄なものに予算を投下しているだけの余裕と体力と覚悟があるからです。

サンキュータツオ教授の優雅な生活より

日本はその“無駄なこと”にかけては世界に負けない素養を持っている国だと思うんだよね。これはサブカルだけのことをいってるのではなく。

 



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-03-12 23:19:54  ポケモンが分水嶺

2ちゃんとかニコ動とかみていて、若者世代とオッサン世代を分ける基準として「ポケモン」という存在がわりと象徴的な線引きになるような気がしてきた。

どういうことかというと、今時点でポケモンをリアルタイムで知っているのは、何となく若者世代。知らないのはオッサン世代。そんな感じがする。いや、オッサンでもポケモンやってる人もいるだろうけど、そうではなく、ポケモンを対象年齢だった年頃に触れていたかそうでないか、ということ。

ちなみに、私はポケモンが全くわからない。つまり、オッサン世代ですな。さすがにピカチュウくらいはわかるけど、それ以外は何が何やら。わかる人は、ポケモンみたらその名前ほとんどいえるんだってね。ポケモンって何体くらいいるんだっけ。とにかくたくさんいるはず。その記憶力の仕組みを知りたいですよ。



コメントする ( 現在のコメント0件 )