Nadja の日記
2012-03-22 01:29:00  いつまでも安定しない業界

私は今、とある銀行のシステムをつくってるのだけど、それはよくあるクラサバのシステムで、一部Webによる管理機能もあるという、ありきたりな、割とつまらないものだったりする。いや、そのシステム自体は3億円程度の規模のそこそこ大きなものなんですが。しかも業界ではわりと旬なレイテンシを問われる取引システムなんですが。

何がつまらないって、もう書いちゃってるけど、システムとしては昔からよくあるありきたりな鉄板システムだから。

この手のシステムを数十人規模で開発するときに陥りがちなデスマもまたありきたり。なんでこうどの会社もどのチームもみんなそろって同じ罠にキレイにハマってくれるのだろうと思うくらい。同程度の規模のシステムは過去に5、6回くらいは関わってきたけど、大ハマリせず最後までスムーズにいった試しはないですね。大体、どこかで1回以上大チョンボが発生する。これはもうこういうもんだと最近は諦めがちなんですが。

私がまだ新人開発者だった頃、ときの先輩が「システム開発というのは、今までの製造業と違ってまだ手法が確立されてないから、試行錯誤してるんだよ」といっていたのだけど、ITというものが世の中に出回り始めてから、というか、PCを使ったシステムが一般化し始めたのはおそらくWindows95が出て以降のことだと思うので、そこから数えても17年くらいは経つわけです。もうそろそろ成熟した手法があってもよろしかろうと。

…とはいったものの、実は開発の道具である言語であるとかフレームワークであるとか、もっと低層のハード基盤であるとか、そういうものは日々変化している。ここが、ITと他の製造業と違うところでもあり、開発手法がいつまでもふらついてる原因でもあるんじゃないかと思ったりもする。

よし、ならばうちはC/C++しか使わないんだ。この言語とフレームワークで盤石な開発手順を定義しよう!なんてのは、およそ幻想で終わることが多く、大体その言語ややり方では後々追っつかなくなってくるんです。JavaやC#やいろんなRADを使った方が高速開発できるし、システムもクラサバが全てだと思っていたらインターネットの普及でWebなんてものが登場してくる。ならこれからはWebだな。したらJavaでWebの開発を確立しようZE!といったら携帯電話アプリのが普及しはじめる。しかもキャリアごとに仕様が違ったり。携帯もやらないと利益がでないな、仕方がない、じゃあ業界標準のdocomoのアプリをつくろうず!っていったらスマホ様参上の巻でござる…

そんな中でもクラサバの構築というのはわりと昔からある開発なので、もう安定して良いだろうと考えるのだけど、そんなことはない。速度が求められればプロトコル(APL層の)も違ってくるし、そこのミドルウェアやフレームワークもいろいろあってどれを使うのが正解なのかわからない…というか、正解なんかない。いっぺん選択してしまったら、それを最後まで押し通すしかない。

ただまぁ、開発がいつもグダるのはインフラのせいじゃなく、やっぱり大人数でやるときの意思疎通のマズさが一番の原因なんですけどね。で、その意思疎通がなんでいつもうまくないのかというと、そこで開発のやり方が毎回違うから、という要因が入ってくる。例えば10年も全く同じやり方でものづくりしてるような製造業なら、もうその生産ラインでトラブルが起こるようなことは滅多にない。ITの場合はそうはいかんぜよ、ってところなんですのう。

今日も深夜まで仕事しながら、ふとそんなことを思ってみた。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-03-20 11:12:36  1089

さっきディスカバリー見てたら面白い数遊びやってたのでメモ。

何でもいいので3桁の数字を書いてください。
その数字の最初と最後は異なる数字にしてください。
例)123
 
書いた数字を逆順に書いてください。
例)321
 
その数字の大きな方から小さな方をひいてください。
例)321-123=198
 
その数字をまた逆順に書いてください。
例)891
 
その2つの数字を足してください。
例)198+891=?
 
その計算結果を僕は予言してました!
 
…といって、徐にふところなどから
1089”と書かれた紙でも出せば
「おおー!」となること受け合い。
 
実は上の手順でやると、必ず結果は1089になります。
 
なぜそうなるかという理由もあるんですが、
とりあえずこの手順だけでも覚えておくと
何かのネタにはなるかなと。
 
例えば、これから春に向けて新人歓迎会なんかで
一発芸とか無茶振りされそうな予感がするときは、
ポケットに1089と書いた何かを忍ばせておくと良いでしょう。


コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-03-19 21:30:25  √4は?

学生時代、カラオケ屋でバイトをしていたことがあるのだけど、
そこに女子高生の集団が来たときのこと。

その女子高生のひとりが同僚店員Nさんに

「写真撮ってくださーい」

と使いきりカメラを渡して、集合写真を撮るというよくある流れに。

そのNさん、わりと変わった性格した人だったのだけど、
今回も何かやらかすかなーと思いながら観てたら

「はーい、集まってー!」

と続いて出た言葉が

√4はー?

私は内心「は?」と思ったけど、その女子高生たちは即座に

にーっ!

といってパシャリ。

あ、なーるほど!スゲー!それを思いつくNさんもスゲーし、
その女子高生たちの反応もスゲー!と思った。感動した。

今にして思えば、あれは現役高校生だから即答できたんだろうなぁと思った。
Nさんはそこまで読んであのネタを振ったのだろうか。

よく考えたら、JKって高校生なんですね。当たり前だけど、改めて。

 

そんなことを思い出した。

 



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-03-18 12:33:28  こんなに我慢してるのに…

こんなに気を遣ってるのに、こんなに頑張ってるのに、って相手に何かしらの努力を求める人がいるのだけど、我慢したり、気遣ったり、頑張ったりしてるのは、あなたが勝手にそうしてるだけでしょ?っていう論理があって、別に相手に努力義務はないといわれれば、まぁそりゃその通り。

だから、我慢したり、気遣ったり、頑張ったりした結果というか見返りがほとんどない、期待できない場合は、そもそもそれをする必要などない!と思ってしまえば良いこともある。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-03-17 11:48:25  無駄は必要

駅で電車待ちしながら成田エクスプレス(N'EX)が通過するのを見ていつも思ってたんだけど、LEDの行き先表示がカッコイイ。

こういう一見無駄なことに凝ることは悪いことではないと思う。むしろ、もっとこういうところに力を入れても良い。 

ツイッターの名言botかなんかで知ったナルホドな言葉があったので引用しておきます。

文化とは、「どれだけ無駄なものにお金を投下できるか」です。 私は街のタイルの写真を撮って歩くのが趣味ですが、文化度の低い国には、タイルはありません。 西洋圏、とくに歴史のある国には、凝りに凝ったデザイン、材質のタイルが敷き詰められています。 街自体が作品としてのデザイン性を帯びているのです。 フランスでは、社会化見学でかならず美術館に行きます。美術に投下する予算もあります。 美術や芸術などは、なくては生きていけないものではないです。 いや、「そんなものはなくても生きていける」という、いまの日本の風潮そのものが、いまの日本の文化であり、フランスやイタリアの人たちは、「なくては生きていけない」とすら思っている節があります。 信じられないでしょう? でもそうなんです。

自国を振り返ってもおなじことなのです。 大学ひとつとっても、文学部という「無駄」はいま削減傾向です。 文学は、生きていくのに全く必要ないからです。 しかし、かねてから力説しているように、「文学部が充実している大学こそいい大学」なのです。 これは間違いないんです。無駄なものに予算を投下しているだけの余裕と体力と覚悟があるからです。

サンキュータツオ教授の優雅な生活より

日本はその“無駄なこと”にかけては世界に負けない素養を持っている国だと思うんだよね。これはサブカルだけのことをいってるのではなく。

 



コメントする ( 現在のコメント0件 )