Nadja の日記
2012-04-17 22:05:15  電力問題

今年の夏を甘く見ない方がいいと思う。

去年は大震災直後で、全国的に節電モードに入っていたので夏も何とか凌いだのだけど、今年はだいぶそのへんの意識も薄らいでいて、去年ほどの自主節電は期待できない。しかも、去年はまだ稼働中の原発もあり、電力供給はわりと余裕を持って運用ができていたようだけど、今夏は原発がほぼ稼働していない状態で迎えることになることが予想される。

とはいえ、キャパオーバーで大規模停電という事態は避けなければならないわけで、そうなると、去年の震災直後に東京電力管内で行われていたような輪番停電(計画停電)や、企業や工場への供給制限などが実施される可能性は高い。

実際にこれらの対策が実施されると、生産量は低下し、都市部での経済活動は大幅に抑制される。その経済損失は甚大なのだけど、今の国民(世論)は経済よりも身の安全の方を優先しようというのだから、電力不足で不景気が促進されたとしても文句をいってはいけない。

いや、必ずしも原発が必要だという気はないですが、今のところその代替し得る現実的なエネルギー源は今もなお価格高騰を続ける石油しかないのだから、去年時点で国内の電力のおよそ3分の1を賄っていた原子力が全部止まって代わりが火力となればどう考えても電気代は急騰するしかない。特に原発依存度の高い関西電力管内はその状況がより厳しいはずで、それで経済が良くなるという話はないわけです。

安全性を求めるということ、つまり原発を使わないということは、そことのトレードオフだということをしっかり認識しておく必要はあると。

といっても、人間は都合のいい動物で、原発はダメ、電気代が上がるのもダメ、電力供給制限もダメ、停電するのも当然ダメだというわけですね。全部は無理。そのどれかを選択しなければならないのは必然で、それをやるのは政治の仕事なんですが、どれをとっても相応のリスクがあり、そこに怖気づいて動けない政治というのはみっともないという話。

どれをとっても国民からはほぼ同程度の文句をいわれることになるのだから、さっさといずれかに決めれば良い。ただ、決めたからには、その政策に対する裏付けは当然必要で、原発を動かすならその管理体制をしっかり構築しないといけないし、原発をやめるなら代わりの恒久的なエネルギー源を確保する道筋をつけなければならない。何かを決めることと、決めたことに対して最善を尽くすことというのは、どちらも政治の仕事で、これは昔から変わっていないはず。

ちなみに、近年の政治に言及するなら、以前の自民党政権はわりかしいろんなことをパッパと決めていた気がする。ただ、その政策実行にあたり最善が尽くされていたかというと甚だ怪しい。そして今の民主党政権は決めることすら碌にできていないという印象。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-04-16 22:26:14  サブカルチャー

個人的に、サブカルチャーの良いところはお金儲けが絡まないところだと思うんです。絵とか文章とか音楽とか、そういうものを創作する側は、純粋に良い作品をつくって、なるべく多くの人にそれに触れてもらいたいと思う。ただ、そういう創作活動をするにはある程度の資金も必要なわけで、例えば材料費程度の見返りを要求することはあるけど、それは儲けるという話とはちょっと違うと思う。そして、そういうのを好む人はわりとそういう方面にお金をかけることに抵抗を感じてないようで、結果的に需要と供給が上手く折り合っていると。

昨今、そんな同人音楽界隈ではボーカロイドという音声合成エンジンとその歌声ライブラリを駆使して自分でつくった音楽に歌詞をつけて機械(ボカロ)に歌わせるということがニコ動を中心に盛り上がっております。このボカロも、それを使って作曲活動する人というのは、あくまで音楽が好き、DTMが好き、ボカロというガジェットが好きといろいろ動機はあるにしろ、純粋に創作活動を趣味としてそれを楽しんでいると思うのです。とにかく良い作品をつくりたい。つくったものを動画共有サイトで発表して多くの人に聴いてもらいたい。この場合もお金儲けとはおよそ無縁な世界。

が、どうも最近そうでもなくなってきてる感がしてるのですよね。

ボカロに企業がお金の匂いを嗅ぎつけてきたようであると。動画サイトで無料でいくらでも聴ける作品をCDにしてみたら、これがわりと売れたわけですよ。人気曲にもなればカラオケにまで配信されるという、最初は同人作品だったものが、今は市場で立派な商品として売られ始めているわけです。

私が懸念するのは、ここにも版権だとか著作権だとか、そういうものを盾に使用料とか訴訟商売のようなことが始まるんじゃないかということでして、もともと作者は完全フリーで配信してたはずの作品を、横から何かと理由をつけて版権をとった会社が何か変な権利を主張し始めたりするなどということが起こらないともいえないんじゃないかと。曲の作者だって企業から金を積まれたらそれに手を出さない保証はないですし。人間だもの。

サブカルチャーはあくまでサブカルチャーとして、当初の純粋な動機のもとで暗躍していて欲しいなぁと、私なんかは思うんですよねぇ。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-04-04 22:46:11  右翼とかネトウヨとか

大抵の人は自分の生まれ育った国に愛着があるものだし、その自国が悪くいわれたら気持良くないし、悪くいう相手にも良い感情を抱かないというのは至って普通の感情だと思うのだけど、最近ではこういう普通の感情すら“右翼”だという変な傾向があるように思う。ネット上では“ネトウヨ”などという俗語で呼ばれてるようだけど。

加えて、特に中国や韓国の人を嫌ったり攻撃的な意見をいう人も“ネトウヨ”ということになるらしい。この際、その人に愛国心があるかどうかはあまり関係ないようで。

つまり、最近は、アンチ中韓な人が右翼とかネトウヨと呼ばれ、彼らは特に過激な人であると流布するようなプロパガンダがあるような気がするんですよ。

中国や韓国が過去に日本に侵略されてひどい目に遭わされたというのはよく知ってますよ。でも、そんなの別に今は関係ないじゃないですか。とりあえず、日本人はそんな歴史どうでもいい。そして中国も韓国も、今を生きる若者にとってそんな過去はどうでもいいことだと思うんだけど。

で、そういう宣伝をしたがるのは、実際にその体験をした中国人や韓国人でなければ、日本にそういう負い目を着せてお金を引き出そうと目論む人しかいない。で、そういうのが国のトップにいる彼の国では反日教育にも余念がなく、そういう非建設的な感情を植えつけられた国民は、流れに任せてやいのやいのいってるだけって気がする。

もともと右翼って、天皇陛下バンザーイとかいいながら欧米に染まってる日本の現政府をこき下ろしてた連中のことでしょう。つまり、その矛先は欧米であって中韓とかじゃなかったのに、わざわざ自分たちが攻撃されるように軌道修正して、実際に何かいってきたら右翼だネトウヨだといってる。マッチポンプですよ。

日本人は、もともと中国も韓国もそんなに嫌いじゃなかったと思うんだけど。少なくとも私が学生だった頃まではそんな空気を感じたことはなかったし。それがいつ頃からか、中国や韓国の方が日本に対してえらい攻撃的になってきたような気がする。これは一体いつ、何がきっかけだったんだろう……



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-03-27 22:33:29  犬猫に思う

ときどきTwitterでおそらく殺処分目前の犬猫の引き取り手募集の拡散リツイートが流れることがあるんですが、私は一人暮らしで犬猫など買う余裕も時間もないので、可哀想だと思いつつもスルーするしかないわけです。

しかし、考えてみれば、当の犬や猫にしてみれば、私が一人暮らしで時間がないというだけで命が救われる可能性が1つ消えてしまっているのであり、わりと切実な死活問題に直面してしまうわけで、というか既にその時点で直面してしまってるわけですよね。

たぶん、私でも本気になれば犬の1匹くらいは飼えるかもしれない。朝と夜に餌をやって、深夜で良ければ散歩もできるかもしれない。でも、面倒でそこまでしようと思わない。即ち死!という、何というか立場的にというか、かなりギャップのあることに原因と結果が隣接しているというこの理不尽さ。

でも、こういうことは結構日常的にあったりすることなんですよね。よく考えないか気づかないというだけで。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-03-23 00:24:29  

本当に欲しいものって、虹みたいですね。

虹は七色でキレイですが、欲しいものは綺麗だ、美しいものだ、素晴らしいということ以外に、いくら近づこうとしても一向に近づけない。その方向に進んでも永遠に距離が縮まることはない。それを手にとったり掴んだりすることは決してできない。無駄に追いかけているうちに消えてしまう。とてもはかない存在。

それを手に入れようとするのは最初から無駄なことで、実のところそれは本心ではわかってるのだけど、どうしても追いかけたい。手に入れる努力をしてみたい。そうせずにはいられない。そういうもの。

例えば、サイエンスってそうだと思いますね。宇宙とか、自然の摂理だとか森羅万象だとか、その原理やからくりや構造といったものは人間の知能では到底理解できないことはわかってるのに、そこを求めていきたいという心理ですよ。

で、そういう精神は、全く実用にならない(一般的にいえば)役立たずであっても、多分知性の生き物である人間にはきっと必要なものだろうと思うわけで。



コメントする ( 現在のコメント0件 )