Nadja の日記
2014-11-24 11:41:31  私的ゲーム実況者雑感

最近、というか、ここ5、6年ほど?の間で、ニコニコ動画やYouTubeなどで”ゲーム実況”というコンテンツが伸してきて一大ブーム化してい る。ニコ動のランキング上位の半分くらいはゲーム実況動画ということも最近は珍しくなくなっていて、何がそんなに面白いのかと思うのだが…実際私も見 ちゃってるので、しかもそこそこ楽しんでたりするので、何かそこに面白いと思えるものがあるのだろうなと思う。

ただ、私もどんな実況動画でも見てるかといえばそうではなく、ある程度の偏りがある。その条件というのは、実況してるのが私がプレイしたことのあるゲームを1回でも実況プレイしてれば、とりあえず見るので、その内容次第で同じ実況者の他動画も、プレイしたことがない作品でも見ていく…というような流れができている。あと、私は死んでも手を出さないだろうというようなクソゲー、高難度ゲー(いわゆる死にゲー)の実況なんかもときどき見る。というか、私が実況動画を見始めた きっかけはそこだった。

ということで、私が見てる実況者を名指しで以下に晒してみる。(どっかでまとめてみたかった)

hacchiさん
元凶。私がゲーム実況などというものを見始めたきっかけ。Immortalという死にゲーが初見。これは当時のニコ動ランキングで突然1位になっていて、何事かと思って観たら、そのまま最後まで見てしまったという。この人はとにかくリアクションが面白い。一部芝居がかってるところもあるが、それも含めて面白い。この手のクソゲーばかり手を出してるあたりも面白さ。突っ込みがいちいちその通りなので、非常に共感しながら見ることができる。ただ、この人の動画編集はお世辞にもイケてるとはいえない。音声レベルも無調整で低いまま投稿されている。しかし、それでも見たいと思える内容。ここ数年投稿がなく、もう終わったのかと思いきや、最近ポッと新作(というか2年前の続編)を投稿してたりするので、生きてはいるようだ。

P(ピー)さん
高速マリオ3が初見。日本語にならない言葉を連発して謎名言を次々と製造する。あと、小学生レベルの下ネタを好んで使う。これがベタベタ過ぎでむしろ清々し い。ミスする際の断末魔が多彩。基本絶叫プレイなためか、どうやら主にカラオケ屋で収録しているらしく、ときどき周囲を気にする仕草なども地味に面白い (本人は狙ってないのだろうけど)。マリオを高速再生するなどの高難度ゲームをプレイしているためか、わざとらしさのない自然な絶叫が楽しめる。変則的な プレイ方法が多いので目立たないが、普通にプレイさせたらゲームの腕自体はそこそこ上だと思われる。最近は目隠しマリオを楽しみにしてるのだけど、なかなか続きが投稿されない。

おしりさん
Wii 版バイオ4が初見。私が継続的に見てる唯一の女性実況者。この人も基本絶叫プレイ。関西弁で饒舌。ゲーム外の雑談もときどきはさみつつ、よく話が続くなと 感心するくらい喋りが途切れない。ゲームは上手とはいえないが、絶叫しながらゴリ押しでどんどん進めていく男らしさが見ていて楽しい。あと、リアル薬剤師 ということを本人が晒していて、そのネタを実況中にもはさんでくる。今はゼルダのスカウォを攻略中なのだけど、どうも他ゲー(FF14)にご執心のようで、ゼルダの実況が疎かになっている。

ふぅさん
FF13 が初見。自らがプレイするゲームはとことんやりこむタイプのようで、PS3作品ならトロコンは当然という根っからゲーマー。他、デモンズソウル、ダクソ、 ダクソIIもシリーズ通してやり込んでいる模様。セリフ回しは厨二病全開。ネタなのか本気なのかわからない自称玄人で、確かにRTAなどを見ると神プレイだが、初見プレイを見ると 普通に死にまくっているので、あれは相当の時間をかけて度重なる努力の上に築き上げられる腕前のようだ。ゲームのストーリー考証にも入り込むタイプのようで、よく製作者もそこまで考えてないだろ的な深読みをする。実況は視聴者を煽っていくスタイルだ が、内心みんなオレ最強と思ってるあたりの人ならいうだろうセリフなので、ネタ化してむしろそれが面白い。あと、この人の動画編集はとても綺麗で、そこは 実況内容からは想像できない几帳面さも伺える。

テラゾーさん
MGSPW が初見。現在この人をフォローしている人の多くはMGSが初見ではないか、というくらい印象的な作品。声優のモノマネが好きなようで、MGSも塩沢グレイ・フォックスのモノマネでプレイされていた。MGSはモノマネ実況、ゼルダ神トラはオワタ式、シレンはアイテム縛り、普通にプレイするゲームは基本仕様 が死にゲーなどという、何らかのネタがある状態のプレイが多かったイメージ。この人の実況自体は至って普通というか、煽るでもなし、絶叫するでもなし、普通に思うことを独り言でいいながらプレイしてる感じ。それがむしろ安定感があって評価されているのかも。ゲームのプレイ自体も程々に上手いし、編集も見やすく凝ったOPやEDをつけるなど、視聴者を意識した動画作りに好感が持てる。最近はノベル朗読とか、マリカー、PCゲーの普通プレイの実況 など、他の流行り実況者と同じような流れになりつつあって、個人的にはちょっと寂しい。

ただてるさん
信長天翔記が初見。最近発掘した実況者さん。他にダクソやレトロゲーなどもやっているようで、今後も期待。天翔記では黒田官兵衛の一気がけで、そのプレイ方法ではそうならざるを得ないのだけど、事も無げなセリフと共にバッサバサと他武将の首を切っていくプレイが笑劇的で最後まで見てしまった。ダクソ3倍速あ たりを見ると、この人もかなりゲーム自体はやりこんでいて、普通にプレイさせたら上手いんだろうなと思わせる。喋りも、いわゆる”いい声”で聞き取りやすく、編集も綺麗で見ていてストレスがない。この人のは他動画も一通り見たい。

基本的に私は、他の人気(?)実況者同士で慣れ合っていたり、超会議とか公式とかの常連になってるような人には興味なくて、ちゃんと視聴者を楽しませる目的でゲームプレイを見せてくれているような実況者をフォローしている。いわゆる人気実況者とされる人たちは、単に有名になりたいとか、どうも素人が芸能人気取りしたいというような空気があって嫌い。上記の人もこの後どうなるかわからないけど(テラゾーあたり、ちょっと怪しい空気になりつつあるけど)今のところフォロー対象。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2014-06-28 00:46:02  ここのサマリ表示も

RSSの全文を表示しちゃうの何とかしないといかんなぁ…

あと、最近のブラウザで今使ってるFCKEditorが動かないぽいから、これもバージョンアップするなり他のエディタを入れるなりしないといかんなぁ…

でも、やるとなったら1日くらいかかるんだよなぁ…

超ヒマで超気が向いたらやる感じだなぁ…(やらなそう)
 



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2014-01-01 18:32:45  H/Nを“Nadja”に統一するよ

年も明けたことだし、良い機会なので、私のハンドルを“Nadja”に統一しようかなと思ってますよというお話。ナジャって読みます。

 
私はPC-VAN入会依頼、ずっと“月影”というハンドルを使ってきたんですが、そろそろこの厨ニ的な名前を使うのもアレな感じがしてきましてですね。まぁ今更ではあるんですが。
 
個人ページとかブログとか一部SNSとかでも、なし崩し的に月影というのを使ってきたんですが、ぶっちゃけこの名前には特に意味も愛着もありません。ガラスの仮面が好きとかシレンをやりこんでたとか、そういうわけでもなくね。
 
PC-VANのSIGでは今のネットみたいに匿名で書き込めるわけではなく、自分が何者であるというのを名乗る必要があったので、そのときたまたま頭の中に浮かんだのがこの2文字でしたと。
 
その後、ずっと名前を考えるのが面倒で、新たなコミュニティに参加するたびに、まぁPC-VANのままでいいやという感じで月影を名乗ってきました。
 
ところがある日、とあるネトゲを始めるにあたり、そこでも同様にキャラ名をつける必要があったんですが、まず日本語が、というか漢字が使えませんでしたと。じゃあローマ字でいっかと“Tsukikage”としようとしたんですが、すでに使用されてる名前だったらしく登録できず。
 
で、当時、私はちょうど“ぷよぷよ”というゲームをやり込んでおりまして、じゃあその中のキャラ名でも使わせてもらうか、と、選んだのが、その主人公であるArle(アルル)という名前。実はこれもすでに使われてるかなぁとダメ元で登録してみたところが、何とこれは未使用でそのまま登録できちゃいましたと。
 
ただ、今はこの名前もアレな感じがしてまして、というのも、アルルって、ぷよぷよ知ってる人ならわかると思うけど、♀キャラなんですよね。しかし、そこでメイクしたキャラは♂という、何というか、カミーユ状態というか。
 
その後もオンラインゲーやるときは、何となくぷよ系のキャラ名を使うことが多くなっていくんですが、これまたね、そのままシェゾとかラグナスとかパノッティとか名乗るのもベタな気がしてる今日この頃。
 
そこで行き着いたのが“Nadja”。元ネタは、やはり“ぷよぷよ”ね。フランス文学とか、昔そんなタイトルのアニメもありましたが、関係ないです。これはアルルのラストネーム(Arle-Nadja)。そのまんまアルルはベタだし♀だしで微妙なので、一歩引いて、わかる人ならわかる感じでナジャ。
 
というわけで、今後私が積極的にアイデンティティを示す場合はNadja(ナジャ)でいこうと思いますが、後方互換も保つつもりですので、今まで通り、月影とかアルルとか呼んで頂いてもOKでございます。
 
あ、本名をご存知の方は本名でも良いですが、私は基本的にネット上に本名を晒さないポリシーなので(正確にいうと、fbもあるので晒してるっちゃ晒してるんだけど、今このアイデンティティと私本人はリンクさせないようにしてるって意味)、本名で呼ぶのはメールとかメッセンジャー限定でよろしくです。
 
そんなどうでも良い話。


コメントする ( 現在のコメント0件 )
2013-11-04 16:43:00  寄生虫の矛盾

世の中は矛盾に満ちたことだらけだけど、それは私たち人の感覚で矛盾しているように見えているだけであり、実は何かの観点で見ると理にかなっているものばかりであることに気付く。

寄 生虫というのは、宿主の体内に住み着いて、そこで栄養を摂取して生きている。なので、その宿主に危害を加えるということは矛盾しているようにみえる。まし て宿主を絶命させるに至ってしまった場合、その時点で寄生虫自身の生命も終わるということだ。星新一もそんな寄生虫は愚かだといっている。

し かし、寄生虫のライフサイクルは宿主のそれとは必ずしも同期しない。宿主が死んだら別の宿主へ移れば生き延びることができる。むしろ、それが寄生虫の目的 であるともいえる。つまり、1つの宿主に安住せず、宿主を変える過程で自らの子孫を拡散していくことが彼らの目的であると考えると、ある程度成熟した寄生 虫は、その宿主を早めに破棄した方が効率が良いということになる。

要は、寄生虫とかその類にはなるべく寄生されないに限るということ。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2013-08-24 17:57:21  電気は足りてるから原発は不要という理屈

 主に反原発の方がよく口癖のようにいう話で、現状原発は(大飯以外)全部止まってるのに電気足りてるじゃないか、だから原発なんて必要ないじゃないかという言説。一見その通りかなとも思えるんだけど、これは電力会社の経営と運営を完全に無視した理屈だということを知っておくべきだと思うのですよ。

どういうことか。

これは、現状の電力各社の経営状況をみれば一目瞭然のこと。もともと原発を使ってなかった沖縄を除く電力会社は軒並み赤字転落してるか、そうでなくても経営状況が大きく悪化してます。原発が稼働していた頃の電力事業といえば赤字に落ちるなんてことは考えられない優良事業だったことを考えると、原発がなくなったことによる各社への影響は相当に大きかったことは明らかです。

原発がほぼ止まっている現在でも電力がなぜ足りているかといえば、当然のことですが、従来原発が供給していたのと同程度の電力を、他の電源で供給しているということ。それは主に石油や天然ガスなどの化石燃料を使用した火力発電でしょう。そして、その化石燃料の価格は今世界的に高騰傾向にあります。仮に燃料の価格が上がってなかったとしても、火力の運用には原子力の数倍から数十倍のコストがかかります。

原発の杜撰な管理で事故ったのだから、その後始末で電力会社の経営が落ち込むのは当然でしょ?という話もあります。でも、原発事故で後始末作業をしているのは、事故を起こした福島第一原発を擁していた東京電力だけ。これは、事故とは直接関係ない他の電力会社まで赤字転落した理由にはなりません。

現状、電力会社は電気をつくればつくるほど赤字になるという状態を余儀なくされていて、原発再稼働でもしなければこの状況を脱することができなくなっています。そうでなければ、最低でも原子力と火力の燃料費の差分を埋め合わせるだけの運用コストを利用者に電気料金として請求していくしかない。しかし、今の世論はそのいずれも許さないという手詰まりな状況になっているわけです。

では、原発を使う以外の道はないのか。

もちろんあります。太陽光、風力、波力、地熱などの再生可能エネルギーの開発を実用化するという道。エコ技術を発達させて、少ない電力消費で現状と同程度かそれ以上の生活レベルを維持できるようにする道。火力発電の熱効率をさらに向上させて、より少ない燃料で多くの電力を得る技術を追求する道。火力でも石油や天然ガス以外のコストの低い燃料、例えば石炭やメタン、或いは木材などの燃料を利用する道… 

ただ、それらのいずれも今すぐどうにかなるという方法や技術ではない。例えば、再生可能エネルギーを開発する場合でも、それが実用レベル、採算レベルに乗るには、今から本気で技術開発するにしても最低10年程度は必要なはずです。それまで電力会社はずっと赤字経営していれば良いのでしょうか。

私も別に原発を推進しようといっているのではないんですよ。ただ、原発を使わずして電力供給をするという事業がいかに難しいことかということを、反原発の人は理解していないというか、それを知ろうともしていないような姿勢が見られるので、そのへんも少し考えてあげたらどうかといいたいわけです。

確かに、今までの電力会社の経営体質は褒められるものではない。原発が事故るハズがないという前提の上に経営を立てていたり、電力需要が世の中から消えるはずはないので経営が傾くはずがないという殿様商売をずっと続けていただろうということは否定できません。そして、そのように長年続いてきた体質というのも一朝一夕で変わるものではないわけで、今も旧態依然で保身的な幹部が経営の中枢に少なからず存在し続けていることも問題といえます。

ただ、仮に今の電力会社が潰れて新たな事業者が現れたとしても、おそらく同様の問題を抱えることになるはずなんです。仮に新しい電力会社ができて、原発ゼロで健全な経営を成立させていくとなった場合、その電気料金は今の2倍、3倍になるどころでは済まないでしょう。

原発というのは、その性質上非常に危険な施設であることは否定できません。事故が発生する危険性はゼロではない、事故時に周囲に与える影響度の度合い、使用済み燃料をどう処理するかという問題、廃炉にも相当に期間を要するという問題と、未解決の問題は多くある。

いずれにしろ、今の時代、人が生きていくには電気が必要であるという事実がある以上、どちらかを選択しなければならないわけで、そのうちどちらが今すぐにでもできることで、現実的な方法かといえば、答えは自ずと決まってるように思える。そうでないというなら、とにかく反対、危険だから反対というばかりではなくて、上記のような問題をどう解決するのかを提示して欲しいと思うのですよね。



コメントする ( 現在のコメント0件 )