Nadja の日記
2012-07-10 00:43:43  裕福な日本の終焉

このところ感じている違和感があるのだけど、それは世間が正義や秩序などの名のもとに悪事を叩く態度と、日頃自身が抱えている不満を訴える態度とか混ざってしまって、何でも見境なく前者に関連付けて不平を言う風潮というのがあるんじゃないかということ。

日頃の不満というのは、政治や企業(或いは自身)の努力不足に起因するものもあるわけだけど、それ以外の避けようのない問題、例えば、燃料価格の高騰による電気料金の値上げであるとか、少子高齢化、生産人口減少による税収減の為の1人にかかる税収負担増であるとか、そうしたことに対応する施策なり政策に対して、理不尽だ、権力の横暴だ、もっと上手くやれるはずだとまくし立てるわけですね。

電気代に関して言えば、震災で原発問題が表面化して、その問題が解決を見るまでは多くの原発停止を余儀なくされている現実があるのであって、その場合は火力発電が代わって主電源とならざるを得なくなる。火力発電の燃料は言うまでもなく石油であり天然ガスなのであり、これらの燃料は日本で生産できないので全て輸入に頼っている。そしてその燃料代はここ最近で暴騰しているわけです。これは自動車の燃料であるガソリン代を見ても分かる事実で、ほんの数年前まで1リットル100円を切る価格だったレギュラーガソリンが今では140-150円というあたりをつけてます。ガソリンというのは石油から精製される燃料で、これは火力発電の燃料も同様なわけです。原発が止まって火力が動き出せば、電気代は当然上がります。

ところが世間(の一部の人?)は、原発運用の杜撰さ(これは事実ですが)と電力会社の運用のまずさを責めるついでに、電気代の上昇に関しても文句言ってる。その言い分は確かにうなずける部分もあり、もっと合理化できる事業や経費もあるのは確かではあるけど、それだけで燃料代の差分を埋められるものではないでしょう。

あと、消費税の増税に関しても、当然納税者の負担が増すわけだから文句はあがるでしょうけど、問題は、消費税を上げなかった場合に日本の財政がどうなるかということについて考えた上で文句いっているのかどうかという点。増税でなかったとしたら、今後どうやって財政を切り回すのか。

ちなみに、私個人は増税には反対ですが、それは仕方がないとも思っている。増税でなければ、今後主な出費増となっていくであろう社会保険や福祉方面を削っていくしかないと思っていて、それは今の後期高齢者医療制度だとか、年金だとか、そうしたものをさらに厳しく簡素化していくしかない。つまり、国や自治体による個人の保護を極力削っていく方向ですね。そうすれば歳出は減らしていけるけど、そんなことをすると世論の大反発を買うのは必至であり、国民の選挙で職を得ている政治家がそんなことをできるはずがないわけですね。となると、なるべく現状制度を維持しつつ国も破綻しないようにやりくりするには、急激な生活レベルダウンをしない程度のじわじわ増税あたりが無難な選択肢になってくると。

ぶっちゃけ、年金制度くらいは廃止しちゃって良いと思うんですがね。廃止して、とりあえず納税者にはこれまで支払った元本を返還する。一括返還が無理なら、今後分割でも良い。そうなれば、老後の備えということに関しては完全に自己責任です。納税してない人は保護もしない。或いは、死なない程度の最低限の支援にとどめるとかね。

とにかく、今までの生活レベルが当たり前だと思ってる人たちは、もうそれがいつ終わってもおかしくない幻想のようなものだと気付いて欲しいということです。国が1000兆円借金してるということは、国民1人あたり7、800万円程度の借金をしてるってことになるわけで、そんなに国や自治体に世話してもらってねーよというなら、例えば普段歩いてるその道も国や自治体がつくって管理しているものだと認識しましょうということ。

国の財政がまわらなくなると、公共のインフラ管理も今以上にダメになるわけで、さらに破綻ともなれば、国からの保護や支援も全く期待できなくなるどころか、増税どころの騒ぎじゃなくなるということも見据えておきたいところ。

まぁ、最近の政治もインフラ系の企業もトップがあまり賢いとはいえないので、彼らのやり方が必ずしも妥当であるとはいえないわけですが、そこを改善することと、厳然として存在する社会問題とはまた別の話だという切り分けができてないと、正しい意見をいっているようで実はただの駄々っ子になっているということも往々にしてあるんじゃないかということを認識しておきたいですねってお話。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-07-04 22:04:28  いつかやるかもメモ

かつて手をつけたものの挫折したものを書き記しておく。もしかして、またやる気になるかもしれない、そうなったときの備忘録みたいなメモとして(?)

漫画(描く方)
実は、漫画家になることが子供の頃から大学に入るくらいまでの将来の夢でした。中学くらいまでは、わりと絵がうまいという自負があり、人よりは描けていた気になっていた。大学では漫研だったけど、そこで自分より高レベルな人々が山ほどいることを知り、これはプロは無理かなと諦めた、あの夏。

DTM
手を出したのは自分のPCを持った大学生の頃。最初はPC-9800内蔵のFM音源でチャラチャラ鳴らしていたけど、それでは物足りなくなり、当時最高峰といわれたハード音源SC-88とMU80(それぞれ8万円近く)をバイト代で購入するという暴挙に。楽器のできない私にとって数値入力で音楽ができるというのは割りと画期的で新鮮なものでした。社会人になってからしばらく忘れていたけど、ボーカロイドが流行ってきたあたりから、またやってみようかなーみたいな気がしたりしなかったり。

ゴルフ
会社員時代の同僚に誘われて始めたけど挫折。中古でクラブのフルセットとか買って形から入ったはいいけど、打ちっぱなし1回練習しただけでいきなりコースに出て(河川敷の安いところだけど)、18h回って300打とか打ちまくって激凹み。その後も2、3度コース回るも全く上達せず。とにかくボールが上に飛ばない(ゴロになる)。ちゃんと練習しろって話だけど、その前にゴルフ自体が嫌になってしまったあの夏。

囲碁
ヒカルの碁を見て、ルールはよくわからんけど打てたら何か面白そうだということで、とりあえずPSアーカイブスでルール説明付きの適当な囲碁ゲームを落としてやってみるも、基本は何となくわかったけど、応用が全く効かずちょっと上級CPUになると全く勝てないというパターンに。これもちゃんと本でも買って勉強しながらやればやれるんだろうけど、遊びの勉強というのが億劫で続かず。

麻雀
これもファミコン麻雀の知識どまり。つまり、ルールと役はひと通り覚えて、どういう待ちが有利だろうというあたりまでは把握しているものの、符計算は機械任せだったのでそっちの知識はなし。あと配牌やチョンチョンとかいうアレもいわれないとわからん。ファミコンで自動だったところの知識が丸っとない感じ。最近の賢い全自動卓でなら打てるかな。

動画作成
ニコ動を観るだけでは飽きたらず、ちょっと自分でもつくってみたいなと、ゲームのプレイ動画とかをつくってみたりしたけど、これが割りと面倒だったり。まずDVDとかに録画して、それをPCでリッピングして、AviUtilとかで切り貼り編集して、適当に字幕やカット入れて、H.264でエンコしてアップロード。録画済みの状態からスタートしたとしても、この作業をひと通りやってると1日潰れる。もうね、実況プレイとか毎週のようにアップしてる人は尊敬ですよ。時間があれば、いくつかアップしたい録画済み素材はあるんだけど、動画作成作業に気合がいるので、いつか時間のあるときに(っていってるとなかなかやれないんだけど)。

スマホアプリ作成
SDK落としてライフゲームまでつくったところで中断中。挫折はしてないつもりだけど、とりあえずタスクということで。どんなアプリをつくるかという構想はある。3つほど。ひとつはSNS統合アプリ。複数SNSのTLを横断表示、つぶやきをマルチポストするようなもの。ひとつは、スレ違いアプリ。以前あったEncountMeみたいなやつ。もっとお互いの一致点をみつけてコミュニケーションを促せるようなもの。あとひとつは、トラッカーアプリ。物理的な移動とネットワーク上の移動から趣向を分析していろんな提案をするような、これはまだ漠然とした感じ。そのうち実験室にあげていく。そのうちっていつだ。

ゲームレビュー
これも挫折してないつもりだけど、一応書いとく。未プレイというか未開封のゲームがまだ部屋に山積みになっていて、これらを開封してゲーム機に入れるところから(オイ)。最低でもFF、DQ、テイルズは全部走破。

とりあえずこんなもんで。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-07-03 22:49:35  民主党瓦解

民主党から小沢勢が切り離されましたね。

小沢氏離党―新党結成最後の試み
jp.wsj.com

まぁ、こうなることは、数年前に小沢党(何だっけ?新生党だっけ、自由党だっけ。そんなやつ)と旧民主党がくっついたときから大体予測できてたわけですけどね。というか、自民左派と社会党とその他野良議員たちが寄り集まったのが今の民主党で、もともと反自民という以外に接点はまるでなかったわけでしょ。

3年前の衆院選のときも、党内の議員の主張もバラバラでしたよね。政権とった後も、政府内、与党内の情報統制がまるで機能してなかったというか、全体として政府の体を成してなかった。マニフェストもことごとく実現不可能だとわかってきて、その頃から、党内が大きく2つか3つに割れだした感じはあった。

私の見立てでは、マニフェストは厳守すべきという原理派、マニフェストはやっぱ無理だったという現実派、マニフェストとかどうでも良くてとにかく有利な場所に身を置こうとするゴロツキ。この3パターン。

原理派は、未だに衆院選時のマニフェストを守れと夢を語ってる。内閣や執行部を批判してるけど、お前らも一時は執行部だったろと。何でその地位を追われたのか未だに理解できていない。いつまでも野党気分なんですね。何で実現できないのか身を持って学習したんじゃないんですか。何となく、国民との約束云々を宣伝しているあたりは、政治より選挙のことしか考えてないんだろうなーというのはわかりますがね。ここに属してるのが鳩山氏とか、小沢氏とその仲間たちとか。

現実派は、マニフェストは夢物語だと3年前の衆院選当時から知ってた人たち。知ってながら、党内で声のでかい小沢氏やら鳩山氏やらの大ボラがマスコミに宣伝されて大衆受けしてるもんだから、そこに水を差す真似はすまいと息を潜めてたわけですね。で、実際に政権とったら、やっぱり無理でしたと。さらに当初の執行部や内閣の体たらくにつけこんで現執行部につけたと。ここはわりと旧来の自民に近い思想の人が多いけど、衆院選のときの約束なんぞ知らんねという態度はズルい。それをやるなら一度解散すべきだろと。岡田氏とか、前原氏とか、野田氏とかはこのへん。

あとはゴロツキ。次の選挙で当選するにはどっちについた方が有利かしか頭にない。
原口とか原口とか原口とか

まぁ、民主党という党自体がこういう態度に見えて仕方ないんですがね。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-07-03 22:15:08  LCCに提案

日本にも格安航空会社(LCC)が乱立し始め、競争が激化しつつあるとか。

日航系LCC第1便、成田から新千歳に飛び立つ
(nikkei.com)

LCCとは何ぞや?→ 格安航空会社(Wikipedia)

要は機内、機外でのサービスを極力省いたり、普通の航空会社ならタダのもの、例えば手荷物の受託や、機内での客室乗務員によるサービス全般(飲食物提供など含む)を有料にしたりすることで、乗るだけなら普通の航空会社より格安(およそ半額から3分の1程度)ということですね。

そういう市場が活況になるのは大いに結構なんですが、残念なのは、そんなLCCが就航する路線というのは、例えば東京⇔沖縄とか東京⇔札幌とか東京⇔大阪とか、採算性が確かな、いわゆるドル箱路線に集中してることなんですよね。つまり、中国四国地方とか東北地方とか、そういう地方路線にはつかない。LCCというのは結局薄利多売な商法なので、最初から薄利な上に多売が見込めない地方路線というのは、事業として手を出しにくいわけですね。

そこで思いついたんですが、地方空港をハシゴするというのはいかがですか。東京→長野→新潟→関空みたいな。終着はメジャー路線に乗せればよろしい。客がひとりもつかなかった空港はスキップする。バスみたいな感じですね。

これは、最終的に関空に行きたい人にとっては経由地があると無駄な時間をとられるわけですが、その代わり終着まで行く人は思いっきり安くする。乗ってる時間が長い人ほど安くなる。これは(運賃表方式の)バスとは逆ですね。

直行便よりは離発着の燃油代と地方空港の着陸料金はかさむけど、そこは787とか最新機種の低燃費で頑張ったり地方空港同士で折半してもらったりして何とかする。普段はあまり客がつかない地方が終着の定期便を飛ばすよりは堅実な気がするんですけど、だめかなぁ。飛行機好きな人は、あえて経由地の多い便使ったりするかもしれないよ?(ないか)

まぁ、鳥取便(実家)があまりにも高いんで、普通航空会社でもいいから、もう少し安くしてくんないかなぁって話なんですが。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-07-02 12:34:55  反原発の話

大飯が再起動しました。

大飯原発3号機再起動 抗議デモも
(cnn.co.jp)

これに反発を強める人は多いのだけど、その原発反対を訴えてる人って、地元民よりもそうでない人、今はわりと安全圏に住んでる人の方が声がでかい気がするのは、気のせいだろうか。地元にとってはわりと生活の糧になってるという事実もあるし、自治体としてはその地域で原発を置くだけで国からお金が出たりもするので、事故の危険よりそっちが優先されてるところもある。そういうお金の原理で動いてる人たちというのは、節操はないものの明快。非常にわかりやすい。

しかるにこの抗議デモは、どういう思いでその行動に至ってるのかがよくわからない。反原発はわかるけど、何の見返りも勝算もなしに、ただ原発反対という思いだけで、しかもボランティアでそんなことをやれるものなのか。

その地元だけではなくて官邸前とかでも盛大にやってたようですが、私はそういうのは何か胡散臭いものしか感じないんだよね。本当に原発事故を恐れての行為なのかどうか。地域のため、子供のため、未来のためと叫んでいるけど、そういう世論の賛同を誘って主張を成し遂げようとする主宰者の真意は別にあるんじゃないかと勘ぐってしまう。

というか、デモという行為がよくわからない。人がいっぱい集まれば政策が覆るというものでもないでしょう。結局、それだけ集まってる人の反発を押し切って政策を強行する政府という演出をしたいだけのように見えるんだよなぁ。或いは逆か?政府が独裁、専制で政治をしているのではなく、ちゃんとそうした言論を許している(規制はしない)という国の健全性を宣伝しているのかな。この場合、言論自体は自由でも政治には反映されませんが。ただ、報道規制があるようなところを見ると、政治が意図してることではないということか。

これは反原発だけじゃなくて、大人数のデモ行為全般にいえることで、NHKデモとかフジの反韓デモとか、ああいう行列行進って、何かただの祭りという空気しか伝わってこないんだよね(私個人は韓流ゴリゴリは問題だとは思うけど、デモ行進とかは?と思う)。

海外のデモとかみてると、もっと殺気立っていて、通りの店のガラスが割れてみたり車が突っ込んでみたり警察と衝突したりと、どこか切迫したものがあるような感じ。それに引き換え国内のは、事前に公道を使用する許可を得てたりとか、人によっちゃ子連れで列に並んでたりとか、でかい声をあげてるのは前の方にいる人数名だけとか、もう茶番というしかない様相もいくつかみられるわけで、とにかく何かを訴えようという気概がほとんど感じられない。といって、もっと殺気立てといってるわけじゃないですが。

反原発も、なんかデモしてる人たちは、いろんな意味で当事者ではない感がすごくあって、誰にいわれてそれやってるの?と聞きたくなる。地元民でもない。政府関係者でもない。本当に原発事故を恐れている一般市民でもない。一体あなたたちは誰なんですか?と。一言でいうと、気持ち悪い。



コメントする ( 現在のコメント0件 )