Nadja の日記
2013-05-21 23:24:42  乙武さんが入店拒否されたお話

いろいろ思うところがあったので、何となく書いとこうかなと。

まず、今回の件につてのまとめ。

釣り解説"乙武洋匡さん、銀座の「TRATTORIA GANZO」に「車椅子だから」と入店拒否される"
(togetter.com)

タイトルがアレですが、これはまず元になったまとめ(togetter.com)があって、これが乙武さんサイドに偏った視点で書かれているために、これ釣りなんじゃね?っていう観点でメタ的に書かれたまとめだからっぽい。

とりあえずコトの顛末を端的に書くと、乙武さんが友人の女性と2人でとあるイタ飯屋に行ったところ、その店が手狭な雑居ビルの2階にありエレベータも止まらないという状況だったと。そこで店の人に頼んで乙武さん自身を店内まで運んでもらうようお願いしたところ、その店のオーナーはこれを拒否。その言い草が乙武さんの逆鱗に触れたらしく、そのことをTwitterで61万人のフォロワーに向けて、その店の名前を晒して非難ツイート。そして炎上。

これに関する乙武さん自身の釈明ブログがこちら。 

イタリアン入店拒否について
(ototake.com)

まずいっておくと、私自身は乙武さんに対して特に強いヘイト感情は持ってない。ときどき「リア充爆発しろ」とは思うけど、まぁその程度である(えっ?) あ、いや、別に嫌いではないですよと。特に彼が私にとって有害であるわけではないし。

で、この件の論点はいくつかあるけど、とりあえずTwitterなどで一番騒がれていることについて考えてみる。

オーナーが入店を拒否した理由

乙武さんが障害者だから、というのは間接的な理由。直接には、彼が障害者であるがゆえに車椅子で移動する必要があり、その車椅子での入店が不可能であったことが主な理由。店が2階ということもあり、彼が入店するためには、誰かが彼の体を抱えて店内へ運ぶ必要があり、彼の連れの女性はそれが不可能だった。必然的にホールスタッフがそれをすることになるのだけど、さて、その必要があったかという点で、その店のオーナーの判断が注目される。

オーナーによれば、車椅子であっても事前にそのことを伝えていればOKだった模様。ということは、事前連絡なしでも無理すれば不可能ではないとも思える。道義的には、運んであげたらいいでしょ、と感じるけど、小規模経営でホールスタッフも2名だけとのことで、タイミングも丁度週末の食事時ということで忙しく、事前準備なしのまま階段で転落事故が発生するリスクまで考えると、店(の責任者)としてそれを断るという判断も十分理にかなっている。

まぁぶっちゃけ、オーナーの感情的には「このクソ忙しいときに無理いうな」という部分もあったでしょうが。

乙武さんが怒った理由

これは、自分が障害者差別をうけたから、ということではないようで、主にそのオーナーの態度を問題にしている模様。釈明ブログの中でもなお「他人を小馬鹿にしたような笑みを浮かべる店主」などと表現していることから、相当屈辱的な断り方をされたのかと感じられる。が、これは乙武さん主観の感じ方なので、客観的にみてどうだったかは定かでない。

流れとして、まず乙武さんの友人が店内までいって手伝いをお願いする。それから10分待っても誰も来なかったと。この時点で普通の人間としては少なからず不機嫌になったでしょう。もう一度友人がお願いしにいく。すると、「車いすのお客様は、事前にご連絡いただかないと対応できません」と。待たせた挙句それかい!とか思ったでしょう。きっと。私なら多分そう思うし。

なんかそのとき友人泣いてたとのことで、断られて残念で泣いてたのか強くいわれて泣いてたのかはわからないけど、とにかく乙武さんが怒りを覚えるのに十分な材料が揃ったと。泣くぐらいに頼み込まれた店側オーナーもちょっとキレ気味だったでしょうね。その後2人が対面。衝突不可避。

どうすれば良かったのか

じゃ、どうすればこの問題は回避されたか。その店としては、車椅子の場合は事前連絡が必要というルールがあった。つまり、乙武さんが車椅子であることを事前にいっておけば問題は発生しなかった。ところが乙武さんはそれをしなかった。ここがまず乙武さん側の問題1つ目。

次に、事前連絡なしでもお願いすれば入店できるはず、と考えていた乙武さん。彼によれば「こんなことは初めて」らしいので、過去の経験上、今回も当然入れるものという思い込みがあったのだろう。問題2つ目。

店も店で、事前連絡なしの客は速攻で断れば良かったのに、なぜ10分待たせたのか。急いで仕事すればわずかな余裕ができるとでも思ったか。しかし、結局、その努力も虚しく手は空かなかったということか。そうだとするなら、店側の見積もりミスだ。もしかすると、これはオーナーの判断ではなくスタッフの独断だったのかもしれない。それで、それに気付いたオーナーが「勝手なことをするな」と、自ら対応に出向いたのかもしれない。とりあえず、これは店側の問題。

本来なら事前連絡が必要な車椅子の客がそれをしなかった場合の扱い、それはどうあるべきか。他の客を待たせてでも、スタッフ総出で運ぶべきか。場合によっては、階段に何らかの安全措置が必要かもしれない。

人情としては、何とかして運ぶべき、なのだろうし、そこでそれをしないというオーナーの判断は冷たい、非情だとなる流れも予想できるが、これは問題ではない気がする。ここでルールを破っているのは乙武さん側なのだから。店がそういうルールを定めている以上は従う必要があるだろう。それを守るのが嫌なら、その店を利用しなければ良い。

例えば、身長が140cm以下の人は乗ることのできないジェットコースター、あれは別に低身長の人を差別してるわけではなく、それ以下だと安全ガードがしっかりかからないから、安全の為に設けているルール。危ないから乗せちゃダメなのだ。乱暴な例かもしれないけど、車椅子な人を運ぶ際の安全基準があるのかもしれないし、そんなリスクは犯さないというオーナーのポリシーがあるのかもしれないし。

今回の問題は

…という感じで、表面的な問題はいろいろあるけど、今回の一番の問題は、乙武さんがその店の名前を晒して「悲しい思いをした」などと発言したこと、だと思う。ここがきっと一番問題。

これがどういうことを引き起こしているかと考えると、まず直接的には、その店が特定された上でマイナスイメージがついてしまう。そういう行為を乙武さんという有名人がやったことで、いろんな店が障害者の受け入れに萎縮してしまう(最初から拒否するようになるかも)、ひいては障害者全体がそのような問題を起こす可能性があるという、障害者に対するマイナスイメージもついてしまう。乙武さんにその気がなくても、これが障害者を代表する言動だと受け取られかねないということ。

さすがに、乙武さん自身今は軽率だったと認めているようだけど、いっぺん発した言葉は取り戻せないのよね。そしてそれが一度ネット上に流れてしまうと、その情報は半永久的に残る。今時点でこの騒ぎを知らない人も、後からそういうことがあったということを知ることができてしまう。この取り消しは効かない。

その言葉によってついてしまった印象、イメージもまた同じで、弁明でいかにイメージ回復を図っても、一度ついてしまったマイナスイメージは可塑性を持っていて、元の(良好な方向の)イメージには完全に戻れない。あのお店はそういう店なんだな。乙武さんはあんなこという人なんだな。障害者ってやっぱりそう考えてるものなんだな。これは、店にとっても、乙武さん自身にとっても、障害者全体にとっても、良いことはひとつもない展開にしかならない。

乙武さんのブログを読んでみると、自分も失敗したと認めつつも、まだ不愉快だったという感情は完全には消えてなくて、その中ではこれが精一杯ギリギリの釈明なんだろうなぁ、と感じ取れる。まぁ、これが今の乙武さんにできる最善でしょうね。

これは乙武さんに限らず、おそらく全ての人にいえることで、特に有名人は、軽率な発言をネットでやっちゃうと、その影響はどんどん拡散していっちゃうよってお話。

恵まれた環境であるが故

ところで、乙武さんは、これまで飲食店に車椅子で事前連絡なしにいっても困ることはなかった、といっていることから、障害者に対しては常にその手のサポートがあるのが当然である、という感覚がある気がする。これは、彼の周囲がすごく良い人ばかりで、常に誰かのサポートを受けられる状態が続いているという証左かもしれない。彼の普段の言動からして、彼に対する辛辣な誹謗中傷も少なくないと思うんだけど、それらも良い人バリアに護られて、多分彼に直接響いていないんじゃないかなぁ。だからいつもあんなに元気なんじゃないか。

これは、普通には理解できない感覚だけど、例えば、普段当たり前に使えると思っている電気。それが止まると一気に不便を強いられるようになり、人は「電力会社は何やってるんだ!」と文句を言い始める。乙武さんにとって、周囲のサポートというのは、この普段は当たり前に使える電気の存在に近いものがあるのかもしれないな、とも思ったり。

改めて、乙武さん、リア充乙!



コメントする ( 現在のコメント2件 )
2013-05-06 15:15:46  無駄なことをしよう

生活に必要なことであるかとか、実用的であるかどうかとか、それが何の役に立つのかどうかとかいう思考は、実はむしろ思考停止を招くこともあるのではないか。という指摘。

それが活きる上で必要であるか、あるいは有用、有益、いわゆる有意義であるかどうか。それを決めるのは自分自身の価値観か、他者からどう評価されるかのいずれかで決まる。ただし、後者は結局、他者から自分の言動が高い評価を得られるかどうかを自分自身が再評価することによって、自分自身の中でその存在価値が決められるものである以上は、最終的に前者の判断基準によって有意義であるかどうかが決定されることになろう。

例えば、生きていくためにお金を稼ぐ、その手段として何か職に就き労働すること、それは誰もが認める有意義(というより必要)なことであろう。しかし、その自分が生きるということそれ自体の価値判断についてはどうだろうか。自分が存在すること自体に何か意味があるのか、有意義であると認められる理由が見当たるだろうかと考えると、これは非常に難しい。つまり、有意義である前提についてさらに言及していくと根本問題にあたってしまい、そこで有意義であるとか意味があるとかいった議論が成立しなくなってしまう、いわば意味の不完全性原理のような問題が現れてくることになる。

多くの場合、何かが有意義であるかどうかは、その逆の無用、無益、役に立たないこと、要するに無駄なことに対比されて評価されるものである場合が多い。つまり、無駄なことがあるから、それを解決するための有意義なことが存在する価値も生まれてくる。この考え方であれば、有意義なことの根底にある意味を求める必要性はなく、問題解決を為す手段としての有用性、有益性として意味を持ってくる。

そう考えると、実は、無駄は無駄ではない。無駄なことがあるために有意義なものがある。ときには無駄と思えることをして、それが何故無駄だと評価されているかを考え、分析し、それを解決する方法、考え方、道筋、その実現を図るための言動であり、支援するツールを生み出していくことも、有意義なことなのではないか。

無駄は、翻って有意義なのだ。必要なのだ。つまり、世の中に、真に不必要な、いわゆる無駄とされていることは存在しないのだ!(言葉は矛盾しているが、意味は通じるかな)



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2013-04-06 13:46:40  センバツの話

 

春のセンバツの一幕に物言いがついているようです。

済美・安楽の熱投が問いかけたもの。高校野球における「勝利」と「将来」。
(Number Web)

エース投手が9回完投、ときには延長もあり、その際の投球数が100を超えることも稀ではないという日本の高校野球の現状について、このままでは将来有望な少年が肩を壊す恐れもあり、その球数を制限すべきだろうという指摘がなされているというお話。

確かにその通り。10代というのはまだ成長途上であり、そこで腕や肩などに集中的に負荷をかけるような運動を繰り返していると成人した大人よりもその部位を痛めやすく、将来的に障害が残るリスクは少なからずある。だから、そうならないように過度な負担を強いることのないような制限を設けるべきという話は全く理にかなっていると思う。

その理解がある一方で、健康を優先すると、野球というゲーム、スポーツの楽しみや面白さが失われていくのもまた現実だと思う。この楽しみや面白さというのは、プレイする本人たちにとって野球というものが楽しいもの足りえるか、それをプレイすることで何らかの達成感なり満足感などを得られるものとなりえるかということにつながってくる。それを観る方にしてみればエンタテインメイント性ということでもあり、世間におけるその競技自体の存在価値を決める要素でもある。

その両者を天秤にかけて、どちらをとるかという問題。

仮に球数制限しても、十分に充実したゲームはできるかもしれない。投球数を制限したらしたで、それに対応したゲームのつくり方ができてきて、まず控え投手を先発させて、エースを試合が熱くなる後半に回すなどという作戦もあるかもしれない。ただ、勝てる見込みの試合で控えが打ち込まれて負けてしまったり、投球数稼ぎのファウル逃げ作戦なんてことも出てきたりするかもしれない。チームの組み立て方も従来型では通用しなくなってきて、野手も投手兼任できるようにしたり(地方校チームではありがちだが)、そうでなければベンチ入りできる人数を控え投手分増やしたりというルール変更の必要も出てくるかもしれない。

例えば1試合あたりの投球数を50に制限したとする。そうすると、大抵のケースにおいて先発投手は9回まで投げきることは難しい。毎回3者凡退していけばわりと回数を増やしていけるかもしれないが、1回10球も投げれば大体5、6回までで投手交代となる。例えば6回裏に2死満塁で4番打者を迎えてエースとの熱い対決!というところで球数制限により控えと交代なんてケースもありえなくはない。コントなら会場が爆笑して舞台暗転で良いけど、その春、その夏しかない高校球児がそれで納得するかどうか。

とにかく、何か危険性がある、リスクがるということについて、そのリスクが顕在化しないように先手を打ってリスクそのものを潰すというのは合理的である一方、リスクをとって得られていた可能性や価値も同時に潰しているということになるということは理解しておいた方が良いとは思う。そして、当事者たちがその可能性の方に大きな価値を見ているのだとしたら、それは危ないからと闇雲にストップかける行為についても考慮が必要だろうと。

この議論における主役は、あくまで野球をプレイしている高校生の選手たちなのだけど、彼らがまだ幼く無鉄砲だから、より賢い大人たちが安全なルールをつくって守らせなければならないんだ、という論理は正しいのかどうか。

ちなみに、こういう議論の中で必ず引き合いに出てくるのは、学校や家庭における児童虐待であるとか、ブラック企業における過酷な労働であるとかいう話。これらは、まず虐待されている児童やブラック企業の社員が、虐待や過度な労働を望んでいないのにされている、させられているという点で高校野球の件とは全く違う話なので、そこを混同して話をするべきではない。もちろん、選手がそういうプレイを望んでいるかどうかは本人でないとわからないし、仮に望んでいないのに監督やチームから強要されているというのであれば話は別だが。以前、某学校における某バスケ部キャプテンが自殺したというニュースが問題になっていたけど、あの件と高校野球で9回完投するという件とはまた性格の違う話だろうと思う。

とにかく、主役が選手たちである以上、彼らに判断を委ねるのが筋じゃないかと。当然、過度なプレイをすることによるリスクについては、医療におけるインフォームドコンセントにならってしっかり説明して理解してもらった上で判断してもらうということは前提ではある。やり過ぎると肩を壊して将来が潰れるかもしれないという危険性については、それこそ脅しをかけるくらいの勢いでいって聞かせる。というか、そういうリスクの説明をわかりやすくすることに力を入れるべきで、何も頭から制限かけて道を閉ざさなくてもいいじゃないか、というのが私の意見。

健康第一なのは、もちろんその通りではあるんだけどね。

 



コメントする ( 現在のコメント2件 )
2013-02-11 19:14:15  リモートデスクトップでゲーム

Windows標準のRDではDirectXを使用するアプリは操作できない。つまり、3Dゲームのほとんどはプレイできないということ。まぁリモートでリアルタイム性の求められるようなゲームをやるなんてこと自体が愚の骨頂なのかもしれないけど、逆に言えば、そんなにリアルタイムに操作する必要のないゲームであれば、リモートできてもいいんじゃね?ってことで探してみた結果、以下の Splashtop というやつが評判良さげ。

http://www.splashtop.com/ja/splashtop2

ホストとなるPCにはSplashtop Streamer というサービスをインストールして起動しておく。これでゲスト側の Splashtop からいつでもアクセスできる。しかもゲストはWindowsだけでなく、iPadやAndroid端末などからも操作できる。商用利用は有料だけど、個人利用なら無料。このRDのレスポンスは(ゲームが出来るほど)かなり良いので、Windows標準のRDが遅いと感じている場合も、こちらを試してみるのも良いかもしれない。

ただ、Windows標準のRDはホスト側はロック状態になるが、Splashtop の場合はホスト側に操作中の画面が表示される。イメージで言えば VNC に近い。

今の課題はゲームコントローラ。RDだと、キーボードとマウスの操作は当然ながらホスト転送されるのだけど、ゲームコントローラのそれは転送されない。ホストとゲストで同じコントローラのドライバを入れていてもそれらが関連づかない(まぁ当たり前ですが)。なので、リモートで使えるゲームコントローラのドライバがないか探しているのだけど、そんなものはなかなかありません。自分でつくるか?い、いやぁ…(-_-;)



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-12-21 23:17:39  10年前につくったフラッシュ

フォルダ整理してたら出てきたので貼ってみる。(音量注意!

あの頃はマジ死んでたなー。。



コメントする ( 現在のコメント0件 )