Nadja の日記
2012-06-08 00:51:30  違法ダウンロードに関する考察

このほど、議員立法で違法ダウンロードに刑事罰が課せられる著作権法の修正案が出される(た?)とのこと。

違法ダウンロード刑事罰化に反対する4つの理由、MIAUが声明発表
(watch.impress.co.jp)

著作権者、或いはその所有者なり権利保有者が認めていないコンテンツのダウンロードが違法となるような著作権法の法改正が2010年1月に行われたのだけど、問題はどこまでが合法でどこからが違法か?という線引きが非常に曖昧になっている点にあると思うんですよ。

このいわゆる改正著作権法に関して、以下にざっくりまとめられています。

違法ダウンロード法(禁止法)まとめWiki
(atwiki.jp)

結局、実際にそれがOKかNGかを決めるのは”それを商品として売っている人”になるというあたりがキモでして、そのコンテンツの権利保有者が認めるなり黙認なりしていればOKだし、駄目だといえば駄目になるのですな。で、ユーザとしてはどう動くべきかといえば、疑わしきはダウンロードしないということになりましょう。

ただね、このダウンロードという行為は、実はWebを利用している以上は日常的に行われているわけですよ。ブラウザにURL打 ち込んでページを開けば、まずそのページ(HTMLファイル)がダウンロードされてきます。さらにそのページ内に画像や音声などのメディアファイルが関連 付けられていれば、それらも同時にダウンロードされてきます。最近のページならflashやmp4などの映像ファイルも当たり前に含まれていますよね。そ うしたものの中に違法なものが含まれていた場合、ユーザとしてはわりと避けようがない、いわゆるWebを利用する際に生じる不可抗力といえるものだと思うのです。

お そらく、改正の意図としては、そのリンク先が違法にアップロードされているコンテンツ、或いは限りなく違法に近いコンテンツであると知りながら、それをダ ウンロードする行為を取り締まる目的があるのでしょう。そして、それがどちらか判断ができないならダウンロードするな、といいたいのでしょう。

でも、現実問題として、いちいちそんなの気にしながらWeb使ってる人が世の中に一体どれだけいるのか。

わ かりますよ。ええ、いいたいことはわかります。あれですよね、周到な常習犯がいて、罰せられないのをいいことに完全に違法だと知りながらダウンロードしま くってる輩がいるから、そういうのを確実に取り締まるには、大きな網でひっかけるよりしょうがないというんでしょう?ガンを攻撃するには、他の正常な細胞 も傷めつけてしまうような抗がん剤を投与しないと正常化しないという論理ですよね。

あっちを立てればこっちが立たず。そんな葛藤があるって話なんでしょうけど、私はこの問題は抗がん剤療法でどうにかなる問題じゃないと思うんですよね。

刑罰化したら、そういうのを(ズル)賢くやってた常習犯たちはさらに上手い抜け道を探るんです。で、実際に網に引っかかってくるのは雑魚ばっかりになる。その雑魚の中に法律で取り締まるべき狙い通りの罪人もいるでしょけど、ほぼ同じかそれより大きな割合で本当に知らなかったというユーザもいるわけで、そういうのを捕まえたところで、この問題ってあんまり解決にならない気がするんですよ。

最近はYouTubeやニコ動なんかの動画共有サイトが台頭してきて、映像や音声がWeb上から気軽に閲覧できるようなインフラが一般家庭に普及しています。そこには商用の音楽や映像などの作品が無許可で投稿されることも多いわけだけど、ユーザとしては、それがあれば普通に見ますよ。そして最近ではもともと商用でないオリジナルの音楽や映像すらどこぞの会社が権利を買い取って商用にしてしまうケースも多くなってきている。そうなってくると、もうどれが合法でどれが違法なのかさっぱりわからない。

じゃあ見るなよ!といってしまったら、もう動画共有サイトなんて一切利用できなくなってしまいます。

映 像だけに限らず、画像、音声、文章といった全てのメディアにいえることですが、思うに、インターネットを発信源としないコンテンツ、つまり、もともとCD やDVDであったりTV放送であったり書籍であったりするようなものは概ねアウトで、最初からネットを発信源とするコンテンツは、同じ音楽や映像、文章な どの作品であっても、それをダウンロードするということに寛大な感じがする。まぁ、ネットで発信した以上は、ダウンロードしてもらわないと始まりませんしね。昔はネットでソフトや音楽を公開すると、そのreadmeにはおよそ「ダウンロードありがとうございます!」というようなことが書かれていたものです。

要するに、ネットで公開されることを前提としていないコンテンツの権利者が目くじらたててるのだと思うんですが、この際そうしたいわゆる公式サイドもネットで公開しちゃえばいいと思うんですよね。そ れを良いと思った人はお金払う人もいると思うし、そうでなくてもこれだけ広告ビジネスが発達してるんだから、バンバンにアフィリエイトで稼げばよろしい。 個人のアフィリエイトブログが年間1000万円とか稼ぐ時代なんだし、公式で公開して、その映像なり音楽なりの関連商品とか貼っとけば買う人も数多です よ。違法アップロードのコンテンツはおよそどこか劣化してるんだから、そこでハイクオリティな公式の意地を見せればいい。ユーザがどっちを選ぶかはいわずもがなでしょ。

多 分、どんなビジネスも旧来の方式にしがみついたままだと、ある程度上手く入ったとしても、どこかでピークを迎えた後はジリ貧です。時代にあわせた次の手を 次々に打って行かないと、特にネット界隈の環境変化は激動してますから、そこにしてやられるのは目に見えてるという話です。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-06-05 00:11:37  IT系の仕事が在宅にできないワケ

私が社会に出たのは14年前の話。当時はPCのOSにWindows95が普及してOSR2でようやくインターネットにつながりWebというものが普及し始めた時代でした。WebブラウザもまだNetscapeが活躍していて、その裏でMSがOSにIE3.0をバンドルしてActiveXを推しはじめていた頃。ITというものが世の中の商品となりつつあることを予感しつつも、まだまだペーパーレスとまではいかずオフィスで仕事せざるを得ないインフラ環境だったわけですが。

そんな時代でも、IT技術が日々急速に発達していることは肌で感じることはできていて、これはそのうちPCやネットが普及しきった暁には、もうみんなわざわざ満員電車にゆられてオフィスへ出かけたりする必要もなくなり、在宅で仕事ができるようになるんじゃないかなどと、わりと現実味を帯びて将来の展望をしたものです。

ところがどっこいしょ。今の状況を見るに、ほとんど全くあの当時と変わらない仕事風景が続いている。つまり、みんな朝9時くらいまでに出勤し、コアタイム働いて夕方5時くらいに終業(この際残業は考えないとして)という日々のサイクル。これは一体どうしたことか。

ITインフラがまだそこまでになってないのかといえば、それはもう在宅勤務なんか余裕で可能なレベルにまで修熟していますよ。もう無線でも100Mbpsを超える速度で通信できますし、PCもノートでさえマルチコアを標準搭載する時代です。物理的には十分在宅で仕事することはできるんです。

では、何が問題なのか。

もうこれはある程度この業界で仕事している人間ならイヤというほど知らしめられてることだと思いますが、“情報セキュリティ”なんぞという壁がどーんと立ちはだかっておるわけです。ISMSとか、そういうやつです。つまり、IT系の仕事というのは概ねその機密性を保つことが求められているわけで、下手にそれが外に漏れては会社の信用問題に発展します。情報というのは一度外に漏れだしたらそれを回収することができません。出てしまったものは戻ってこない上に情報コピーによる拡散速度も速くその追跡は事実上不可能です。それはその後永遠に悪用されるリスクとなり続ける。そういった危険性を企業としてはなるべく負いたくないわけです。

仕事をネット経由でやるとなると、会社と社員(或いは契約した協力者)との間はインターネットでつなぐことになる。インターネットは公衆回線なので、その気になれば誰でもそのデータを拾って中身を見ることができるわけです。そういったことを防ぐために今はSSLやTLSなど暗号化技術も発達してなかなか破られないようになったとはいえ、それが最終的に誰かが開けて見ることを前提とした鍵である以上100%破られないということはない。それだけの労力をかけて解読するかしないかというだけで、常に数%程度漏洩のリスクをはらんでいるということ。そして、日本企業の多くはそこを非常に心配している。

まぁネットワークが破られるリスクだけでなく、在宅で仕事する人間がしょうもないミスを犯す(個人情報の入ったPCを電車に忘れるとか!Winnyなどでドライブ共有しちゃうとか!)可能性も否定できず、むしろそっちのリスクの方が高いわけですけどね。とにかく、在宅勤務にはそうしたセキュリティ上の懸念が満載であるために、日本企業の多くは、その会社規模が大きくなればなるほど採用しない、怖くてそれができない傾向があるということ。

面倒くさいです。ホント。オフィスにいてもIDカードが手放せないとか、ほんの10年前は考えられなかったんだけど、今じゃどの会社でも(IT系会社でなくても)わりと当たり前のことになってます。

悪意を持っているクラッカーというより、内部の間抜け社員のためのセキュリティって面の方が大きいんじゃないかと感じる昨今ですが、今度はそんな間抜けを何とか減らす技術が発達して欲しいもんですよ。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-06-04 21:34:45  2ちゃんまとめブログに転載禁止令が下された件

正直、何でもアリの2ちゃん運営が動くとは意外でしたが。

まとめサイトに鉄槌 2ちゃんねる、名指しで「転載禁止」の警告文
(ITmedia)

まず白状しますと、私はかなりの2ちゃんまとめサイトウォッチャーです。速報系以外は2ちゃんのオリジナル板を見ることはほとんどないんですよね。なので、今回の件はわりとショックではあるものの、あれだけアフィリエイトべたべたと貼って露骨にPVを稼いでるやり口はやはり目に余ったのかという納得感もありという、何とも痛し痒しな心境です。

ところで、件のサイトたちが禁止令を食らったのはアフィリエイトが問題なのではなく、記事の改変や捏造をしていて、それを再三に渡って注意されながらも再犯を繰り返すことが問題なのだ、という意見もあります。でも、それは結局アフィリエイト目的であることが問題なんですよ。だって、何でそんな捏造までしてPVを稼ごうとしているかといえば、別にそういうデマを流布したいわけじゃなく、多分単純にそういう記事を集めればPVを稼げる=アフィリエイトのカウントを稼げるということだと思う。

あと、まとめサイトはいわゆる“ネトウヨ”の温床だとかいう意見もあるけど、まとめサイトというのは元の板に書き込めない、つまり既に過去の話題をリードオンリーで閲覧することしかできないわけで、温床になるという見方は少なくとも違うし、むしろ右に偏ったレスを集めてしまったら左の人が見なくなるので、サイトとしては旨み半減になるんじゃないか。なので、もし私がまとめサイトをつくってたら、両方の意見をわりと平等に並べて編集しますね。この場合、自分(管理人)の信念がどうというより金儲け優先ですから。

私も個人ブログやwikiにGoogleのアフィを貼ってるけど、それだけでも年間1万円くらい。それでサーバレンタル代とドメイン維持費が払えてお釣りがくるので、大分重宝してます。私みたいなショボいブログやwikiでもそれだけ入ってくるのだから、2ちゃんまとめサイトレベルになると相当でしょう。聞くところによると年間2000万円とか3000万円とかいう話も聞くし、そりゃあPV稼ぎにも熱が入るよなぁ…

とりあえず、すくいぬと哲学ニュースは生き残って欲しいですけど。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-05-24 23:26:50  芸能人のギャラが高いのは何故か

芸能人、つまり、人前で何か芸を披露するという仕事をする人の給料の源泉であるギャラ(報酬)は、1回あたり世の中一般的な会社員とか公務員とかそういう人達のそれよりもかなり高額な相場設定になっている。特に大したことをしているわけでもなさそうな落ち目芸人でさえ、テレビに出演すればサラリーマンの1ヶ月分の給料程度(か、それ以上)は貰っているようだ。

これはいわゆる芸能人、テレビタレントに限らず、絵画や音楽、文学など、いわゆる芸術関係の仕事全般にいえることで、絵も画廊などに展示されているものの値札を見ると、大体数万円から数十万円などと一見ボッタクリと思えるような価格。地道に堅実にサラリーを稼いでいる人の目から見ればその値段は異質でしかない。

それでも、この風習というか常習というか、おそらくはその界隈における常識は世界的にずっと昔からのもので、こうした仕事で身を立てている人にしてみれば、その芸が売れなければ一文も収入がないため、1回あたりの実入りをある程度大きくしておかないとその後の生計が保証できないからだと考えられる。

芸能を売って生きている人というのは、その売り物が売れるか売れないかは世情に大きく左右される。必ず生活に必要な、或いは社会一般的なインフラや商品を売って稼いでいる会社なり役所は収入が比較的安定しているのであり、その稼ぎはわりと長期的に見通せる。そのため、商品1つあたり、サービス1回あたりの価格は低く抑えても、その後連続して同様の売上が期待していけるわけだ。その点、芸能の場合は次があるかどうかすらわからないわけで、一度訪れたそのチャンスを安く売るということはなかなかできないという心理になる。

これが長年かけて常態化、芸能は高額であるという了解事項となり、いわばブランドになっている。

しかるに、今話題の某芸人の所属会社が、その仕事に安定した収入の保証がないことを理由に、本来は日々の生活が困難な人を救済するための“生活保護費”を受給するなどという事件が起こっている。あえてその収入が保証されない仕事を選んだのは本人だろうに、それが売れなかったら生活保護費を受け取るなどというのは暴挙でしかない。

某氏の場合、現在の年収は5000万円とかそれ以上ともいわれている。テレビにレギュラー出演する芸能人であれば一般的な収入だと思うが、仮にそれが今後ゼロになったとしても、普通に考えてその家族が生活に困ることはまずないだろう。何のためにそのように1回あたりのギャラが高いのかということである。

役所から支払われる生活保護費というのは、もともと税金。彼よりもずっと収入の低い納税者もいる、というより、彼より収入の良い納税者の方が稀だということを考えて欲しいということなんだよね。



コメントする ( 現在のコメント0件 )
2012-04-25 22:20:58  エピソード記憶

例えば、学生時代の受験勉強中によくラジオなどで耳にしていた曲を今聴くとその学生時代の情景がありありと思い出されるというような、そのときの状況に関わっていた某かの音や光景や匂いなどと記憶が紐づいているような記憶を『エピソード記憶』といいます。

私は最近(といっても半年ほど前ですが)32GBも入るWALKMANを買って、それに昔から今に至るまで買ってきたCDのほとんどの曲を入れているのだけど(MP3にすると入ってしまうのがスゴイのだけど)、それを全曲シャッフルで聴いてると頻繁に懐メロが流れてくるわけです。まぁ入れてるのだから当然ですがね。私にとってはもはや懐メロではなくなりつつあるんですが、それでもそれぞれの曲を聴くと、その曲をリアルタイムに聴いていた頃の記憶が呼び起こされます。記憶のWHERE条件ですね(といってる私の頭はもうSE脳)。

それで思うのだけど、そういう昔の記憶、懐かしい記憶、というか感覚というかこの感情は、それが古ければ古いほど、何か胸がつまる感じになるんですよね。懐かしさというのは、感覚としては享楽とか快感とかポジティブな部類ではなく、実は悲しさとか寂しさとか、どちらかというとネガティブな方向を持った感覚じゃないかと思う。それでも、懐かしいというその感覚は、痛覚とか苦痛などとは違ったネガティブなんだけど良性な感情だとも思う。

過去というのはもう二度と戻ってこないもので、思い出すことはできても、それと全く同じ感覚を得ることは最早できないわけです。中には物理的に失われているものもある。長いこと生きれば生きるほどそういうものは積み上がっていく。楽しかった、良かったと感じた記憶ほど、懐かしさの中でより郷愁というか寂寥の念に見舞われる。でも、楽しい記憶というのは多いに越したことはないと思うのも人の情念というものだったりする。

人の場合(人以外の存在に記憶があるのかは定かではないけど)は、同じ人とのつながりであったり、共感であったり、一緒に過ごした時間であったり、そういうものがより“良い”記憶になりやすいのだけど、逆に、嫌な記憶、思い出したくないトラウマになるような記憶というのもまた人との関係の中でつくられてしまうことが多かったりすると思う。

今日、たまたまWALKMANのシャッフルである曲が流れて、それが数年前のお盆に2年前に亡くなった祖母を墓参りに一緒に行くときに車でかけていたCDの曲だったのを思い出して、そのばあさんのことがいろいろ思い出されて、懐かしいやら寂しいやら何ともいえない感情になったのです。電車の中で。何かそのときだけ、自分がその電車の中ではない、その墓参りに行く車の中にいていろいろ物思いに耽っているような感覚でした。



コメントする ( 現在のコメント0件 )